運命の島とプライベートチャットができる

写真拡大

個性豊かな男女22人になった東京諸島11島とプライベートチャット。

【写真を見る】思わず“胸キュン”するやりとりも

東京諸島観光連携推進協議会は、東京諸島11島の観光PRのため、各島男女各1名の島民AIとのチャットサービス「東京“島キュン”メッセージ」を公開した。

同サービスは、Facebookメッセンジャーを活用した観光情報サービス。「東京“島キュン”メッセージ」のサイトにアクセスし、自分の性格や休日に関する簡単な質問に答えると、東京諸島11島の中から自分にぴったりの“島民AI”とマッチングされる。

登場するのは、「伊豆大島」、「利島」、「新島」、「式根島」、「神津島」、「三宅島」、「御蔵島」、「八丈島」、「青ヶ島」、「父島」、「母島」の11島それぞれの特徴をベースにつくられた架空の島民。男女22人の“島民AI”から届くメッセージ内容は、実際の島民が撮影した島の絶景や、島民だけが知る地元のグルメ情報など、島のリアルな魅力がつまっている。

また、“島民AI”は会話を重ねるごとに親密度が増す設定で、何度もやり取りしたくなる仕組みになっている。

2020年に向けて東京に注目が集まる中、東京都にある11の島々は十分に知られていないことから、その個性豊かな魅力を差別化して観光PRすることが目的。運命の島の“島民AI”とプライベートチャットを楽しめば、実際に島にも行ってみたくなるはず。【ウォーカープラス編集部/コタニ】