トヨタのコンパクトSUVといえば、初代RAV4でシティ派SUVというジャンルを切り拓き、現在はCセグメント系のC-HRを投入しています。トヨタが北米の若者向け(ジェネレーションY向け)として「サイオン」というサブブランドを投入していましたが、2016年2月に廃止が発表され、C-HRも「トヨタ」ブランドとしてリリースされています。

トヨタが4月14日から23日まで(米国時間)開催されるニューヨーク国際自動車ショーにおいて、新たなコンセプトカー「TOYOTA FT-4X」を世界で初めて披露します。

「Future Toyota - Four-Wheel Drive Crossover」を意味するという「TOYOTA FT-4X」は、「サイオン」ブランドがまだあればそちらから出そうな30代中盤くらいまでの若者世代をターゲットにしたコンセプトカー。

アウトドアシーンを中心にクルマの新しいあり方を提案する小型SUVベースのデザインスタディで、米国のデザイン拠点「Calty Design Research, Inc.(以下、Calty)」が手がけたそうです。

アメリカにおける都市部在住の「ミレニアル世代(30代半ばまで)」と呼ばれる若者世代は、「手軽さ」や「カジュアルさ」を好み、思い立ったらすぐにアウトドアに出かけたいというニーズがあるそうで、こうした層を狙って企画されたのが「TOYOTA FT-4X」。

公表されたボディサイズは、全長167.3(約4249mm)×全幅71.7(約1821mm)×全高63.9(1623mm)インチ、ホイールベースが103.9(約2639mm)インチ。

市販モデルである日本仕様のC-HRと比べると、全長が約110mm長く、全幅が約25mmワイドで、全高は約70mm高くなっています。

また、観音開きのテールゲートなど、コンセプトやデザインからどことなくFJクルーザーの後継的存在にも思えますが、生産を終えたFJクルーザーは全長4635×全幅1905×全高1840mm(日本仕様)で、FJクルーザーよりも2クラス程度小さくなっています。

「Rugged Charm(頑丈で魅力的)」というデザインテーマを掲げる「TOYOTA FT-4X」。「X(エックス)」をモチーフにした特徴的なスタイリングとしながら、フロントグリルは水平基調を採用して「TOYOTA」の伝統的なSUVデザインを踏襲したとしています。

また、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)のプラットフォームを使い、4WD性能も搭載することで、走る楽しさやタフな使用にも対応。

インテリアでは、取りはずし可能で外でも使えるオーディオやルームライト、飲料用ボトルとして使えるドアハンドル、センターコンソールに収納して普段はアームレストとして機能する寝袋(写真からするとザ・ノース・フェイス製)など、アウトドアシーンで役立つユニークな装備やデザインが数多く採用されています。

スタジオ・チーフ・デザイナーのイアン・カルタビアーノ氏(Ian Cartabiano)は「デジタルなインターフェースが多用される現代でも、メカニカルなデザインや機能の満足感は重要だと考えており、TOYOTA FT-4Xのデザインや装備の多くはその考えをもとに企画しました。ユーザーにはこのクルマと接してワクドキを感じて欲しい」とコメント。

あくまでデザインスタディであり、市販化についてアナウンスされていませんが、大きなインパクトを与えたFJクルーザーの後継モデルとしてリリースされれば大きな反響を呼びそうです。

(塚田勝弘)

「TOYOTA FT-4X」はFJクルーザーの後継!? 30代半ばまでの若者をターゲットに据えたコンパクトSUVを世界初披露(http://clicccar.com/2017/04/13/462828/)