<東建ホームメイトカップ 初日◇13日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>
三重県の東建多度カントリークラブ・名古屋を舞台に開幕した男子ツアーの国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」。ファイナルQTをトップで通過、2部チャレンジトーナメントの開幕戦も制した期待の新鋭、星野陸也がハーフを4アンダーで折り返した。
“神スイング”稲村亜美さんと男子ツアーについて学ぼう!
12番パー5では3打目のバンカーショットをピンそばにぴたりとつけバーディを奪うと、続く13番パー3でもスコアを伸ばす。そして17番パー5では残り194ヤードを8番アイアンでピン手前2メートルに2オン、このチャンスを決めイーグルを奪取した。快調なプレーで現在首位を走っている。
尾崎将司は5ホールを終えイーブンパー。昨年覇者のキム・キョンテ(韓国)は7ホールを終え1アンダーでプレーしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【独占インタビュー #1】突如現れた大器・星野陸也の歩んできた道
【独占インタビュー #2】星野陸也、石川遼との出会い
【独占インタビュー #3】星野陸也、強みは300ヤード超えのティショット
ジャンボ尾崎、背水の陣で臨む今シーズンは「去年よりいいのは間違いない」
片岡大育「スピンがギュルギュル」の『TOUR B』新ウェッジ