「世界の人気エアライン」、日本トップはJAL 7位

写真拡大

大手航空各社の多くはプレミアムキャビンの設備やサービスの向上に力を入れており、スイートルームやシャワーの導入、機内食のメニューの改善などを進めている。旅行業界でよく耳にするのは、アジアや中東の航空会社がこうした努力を行っているという話だ。ロシア国営の航空会社については、めったにうわさを聞くこともない。

だが、旅行サイトのトリップアドバイザーがこのほど発表した初の「世界の人気エアライン」ランキングによると、ビジネスクラスのカテゴリーで最高の評価を得たのは、ロシア国営のアエロフロート・ロシア航空だった。

世界最大の旅行サイトを自認するトリップアドバイザーは、2016年2月からの1年間に投稿されたレビューやクチコミのデータに基づき(この間のレビュー件数は4億5000万を超える)、複数のカテゴリー別に航空会社のランキングを決定した。

これらの中で最も大きな驚きがあったといえるのは、地域別ランキングの「欧州」だ。アエロフロートに次いで2位に入ったのは、この数年間にわたって積極的にさまざまな改善に取り組んできたトルコ航空。一方、域内大手の名前は一つも挙がらなかった。

「世界の人気エアライン」上位10社は、以下のとおり。

1位: エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)
2位: シンガポール航空(シンガポール)
3位: アズールブラジル航空(ブラジル)
4位: ジェットブルー航空(米国)
5位: ニュージーランド航空(ニュージーランド)
6位: 大韓航空(韓国)
7位: 日本航空(日本)
8位: タイスマイル(タイ)
9位: アラスカ航空(米国)
10位: ガルーダ・インドネシア(インドネシア)

今回のランキングに入った航空会社は、世界各国の合計50社。「世界」に加えて欧州、北米、中東・アフリカなどの地域別ランキング、16の国・地域別のランキングも発表された。その他には、ファースト、ビジネス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの各クラス別のカテゴリーで1位になった各社が明らかにされた。

ビジネスクラスのトップにアエロフロートが入ったほか、ファーストクラスとエコノミーでエミレーツ航空、プレミアムエコノミーでニュージーランド航空の各社が選ばれている。

評価方法に改善の余地も

トリップアドバイザーは、プラットフォーム自体が多数の消費者の意見や評価を募るという手法に基づいているため、このランキングに関するコンセプトそのものは道理にかなっている。

だが、評価基準に「料金」が含まれているため、必然的に運賃の安い航空会社の名前が挙がりやすくなる傾向がある。こうした評価方法では、実際の「ベスト」と「お買い得感があるという意味でのベスト」を区別することができないだろう。

金銭的に余裕がある人や必要経費で料金を支払う人は、「一番お買い得な」よりも「質の高い」経験を選びたいかもしれない。だが、このランキングにはそうした視点が反映されていないといえる。同様に、多くの旅行者たちにとって非常に重要な航空連合(アライアンス)やロイヤリティプログラムも考慮されていないようだ。

国別での評価でトップに入った各社は、オップ!(HOP!、フランス)Volotea(ボロテア、スペイン)、Interjet(インテルジェット、メキシコ)など格安航空会社に偏っている。そして、それらの多くがサービスの面で、実際にブリティッシュ・エアウェイズやイベリア航空、エールフランスなどのフルサービスキャリアを上回っているとは考えにくい。

また、エミレーツ航空が高く評価されたのは料金による偏向が理由といえるかもしれない。旅行業界では、同社は自国政府からの補助によって不当な支援を受けているため、競合各社よりも低い料金を設定することが可能だと指摘されている。