iPhone 8のある機能が技術的な問題に直面しているため、デザインが変わる可能性が出てきました。

こちらもご覧ください。
iPhone 8はLightning以外の新コネクタ搭載、用途は・・・

iPhone 8のTouch ID内蔵ディスプレイに問題発生

iPhone 7s・iPhone 7s Plusが『iPhone 7』のデザインを引き継ぐ一方、iPhone 8はデザインを大幅に変えると噂されてきました。具体的にはホームボタンを廃止し、本体はあまり大きくせずに画面を大型化するといわれています。

その中で重要なのが、指紋を読み取るTouch IDセンサーの場所。Cowen and CompanyのアナリストTimothy Arcuri氏は、画面に内蔵される説を推しています。

しかし同氏によると、Touch ID内蔵ディスプレイは技術的な問題に直面している最中にあり、製品として出荷できる水準に達していないものが多いそうです。

この問題を解決できない場合、AppleにはiPhone 8のデザイン見直しも含めた、3つの選択肢があるとしています。

1つ目はTouch IDの採用をやめて、顔認証に切り替えること。しかしArcuri氏はこの技術がまだ新しく、十分に発展していないことから可能性は1番低いと見ています。

2つ目はTouch IDセンサーを背面に移す、別のデザイン案に変更すること。以前にも噂されていましたが、有力な噂とは見られていませんでした。
→ ホームボタン廃止のiPhone 8、Touch IDは◯◯に搭載

3つ目はiPhone 8の発売を延期して、問題解決のための時間を用意すること。

iPhone 8の発売時期については諸説あり、年末になるとする説も。今回指摘されている「延期」は、この年末よりもさらに遅くなることを意味しているのでしょうか。

参考

Analyst: iPhone 8 fingerprint sensor integrated into screen facing low production yields, Apple may change design | 9to5Mac