4月19日から開催される第17回「上海国際モーターショー」に、三菱自動車が2台のSUVを出展します。

「MITSUBISHI GT-PHEV Concept」は、2016年のパリモーターショーでワールドプレミアされた次世代のプラグインハイブリッドで、次期アウトランダーを示唆するモデルと見込まれています。

同社独自の先進的な3(トリプル)モーター方式のプラグインハイブリッドEVシステム (PHEVシステム)や、四輪制御技術を搭載した次世代クロスオーバーSUVの最上級モデルに位置づけられるコンセプトカーです。

フロントに1つ、リヤに2つのモーターを配したトリプルモーター方式のフルタイム4WDと車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」により、安定したハンドリングが可能となるそうです。

プラグインハイブリッドシステム(PHEV)は、次世代の大容量駆動用バッテリーをはじめ、先述した3モーター、発電・動力性能を向上させたPHEV専用エンジンなどで構成されていて、グラウンドツアラーに求められる力強い走りを実現。

EV航続距離は日常ならモーター走行で十分にまかなえる120km、総航続距離は1,200km以上に達するそうで、ロングドライブに対応しています。

もう1台の「MITSUBISHI eX Concept」は、2015年の東京モーターショーで披露されたコンパクトSUV。ツインモーター方式の次世代EVシステムと四輪制御技術を搭載したコンセプトカーで、サイズ的には次期RVRやその後継モデルということでしょうか。

EVシステムは次世代の大容量駆動用バッテリーと小型・高出力・高効率モーターなどで構成され、航続距離は400kmに到達。

駆動用バッテリーを車両下部にレイアウトすることで低重心化が図られていて、フロントに1つ、リヤに1つのツインモーター方式フルタイム4WDとなっています。こちらにも車両運動統合制御システムの「S-AWC」が搭載され、安定感のあるハンドリングを実現するとしています。

PHEV、EVなどの電動化車両は今後日産との協業でさらなる進化が期待されますが、三菱自動車が培ってきた技術が結実するのか楽しみです。

(塚田勝弘)

三菱自動車が次世代SUVのPHEVとEVを出展【上海国際モーターショー2017】(http://clicccar.com/2017/04/13/462546/)