引退した山の神・柏原竜二の功績とは(写真:時事通信フォト)

写真拡大

「彼は箱根駅伝を変えた規格外のスター選手です。心からお疲れ様といいたい」──4月3日、「新・山の神」こと柏原竜二(富士通)が27歳の若さで引退を表明。その一報を受けて、日本で最も陸上長距離の現場に足を運ぶウェブメディア「EKIDEN NEWS」を主宰する「博士」こと西本武司氏の弁舌は熱を帯びた。

 柏原は2009年から東洋大の山登り5区走者として4年連続区間賞を獲得。順天堂大の今井正人(現・トヨタ自動車九州)に続く「新・山の神」の異名を取ったが、卒業後はケガに苦しんだ。西本氏がいう。

「柏原選手の魅力はその走力に止まりません。今井や3代目・山の神の神野大地(青学大→コニカミノルタ)とも位相の違う存在です。箱根の楽しみ方そのものを変えた選手。その最大の要因は、彼が東洋大2年だった7年前、実名でツイッターを始めたことです。

 ツイッターを通じて報道とは違う視点で箱根が語られるようになり、関係者しか集まらなかった関東インカレや記録会の予定がツイッターを通じて広まって、ファンが詰めかけるようになりました。柏原選手がきっかけで陸上ファンなった人は数多く、功績は大きい」

 現在では、有力選手の多くがアカウントを持つようになり、箱根の楽しみ方は多角化した。

 昨年10月には、箱根予選会で敗退した中央大の4年エース町澤大雅(現・日清食品グループ)が学生競技からの引退宣言をつぶやき、そこに1年生ながら主将を務めた舟津彰馬が「頼りない主将で本当に申し訳ありませんでした」とリプライ。最後は町澤が「現状で舟津以上のキャプテンができた奴なんていねーよ」と返す青春劇が展開され、駅伝ファンは釘付けになった。

 そうしたやり取りが見られるのも、柏原のおかげだと西本氏は強調する。

「競技ではライバルをごぼう抜きする柏原選手が、SNS上では趣味のアニメ話ばかり。結果、陸上ファンの枠を超え、これまでスポーツに関心を持たなかったアニメや声優ファンの声援も受けるようになりました」

 選手側の自己表現の幅も広がった。

「選手名鑑の『好きな芸能人』欄にアニメ声優を堂々と書く選手が増え、ゴールの瞬間に“ジョジョ立ち”(漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の決めポーズ)をする選手(2013年箱根10区を走った順天堂大・堀正樹)まで現われた。レースの楽しみ方の幅は大きく広がったのです」(同前)

 怪物ランナーの残した意外な功績である。

※週刊ポスト2017年4月21日号