© 2016 Dropbox 以下同じ

オンラインストレージ『Dropbox』のiPhone版アプリには、知っておきたい便利な機能が備わっています。今回はこれらの機能の使い方をご紹介します。

こちらもご覧ください。
Dropboxまとめ

Dropboxでファイルを公開する方法

ファイルを公開すれば、そのリンク(URL)を知っている人だけがダウンロードできます。Dropboxを使っていない人でもOKです。

不特定多数の人にファイルを見せたい・渡したいときに便利なので、覚えておいて損はないでしょう。

Dropboxアプリで、公開したいファイルの右端にある【∨】をタップします。


メニューの【共有】をタップ。


画面右下の【リンクを作成】をタップしましょう。


これで公開に必要なリンクが作成されます。これをコピーするか、上段のメニューからアプリを選んで相手に送りましょう。


ファイルの公開を取りやめる方法

iPhoneアプリからはファイルの公開を取りやめる方法がありません。

Safariで以下のページを開き、Dropboxにログインしましょう。

https://www.dropbox.com/

公開中のファイルの右端にある【▼】をタップし、【リンクを共有】をタップします。


ページ右上の歯車ボタンをタップ。


【リンクを削除】→【リンクを削除】でファイルの公開を取りやめることができます。


公開されているファイルを保存する方法

リンクを開くと、Safariでこのような画面が表示されます。
ページ右上のボタンをタップしましょう。


ブラウザで開くか、Dropboxに保存できます。ブラウザで開くと、対応アプリがiPhoneにインストールされていれば、そのアプリで開き直すことも可能です。


【Dropboxに保存する】を選んだ場合、Dropboxにログインすれば、そのファイルを自分のDropboxアカウントに保存できます。

Dropboxアプリにパスコードを設定する方法

Dropboxアプリにパスコードを設定すれば、そのパスコードを知らない人はDropboxアプリが使えず、ファイルを見ることもできません。

Dropboxアプリの画面左下にある【最近】をタップ。


それから画面左上の歯車ボタンをタップしましょう。


【パスコードロック】を開き、【パスコードをオンにする】をタップ。


パスコードを設定すると、次にアプリを開くときからパスコードの入力が必須になります。


Touch IDをお使いなら、パスコードの設定後に「Touch ID」をオンにすることで、iPhoneのロックを解除するときと同じようにDropboxのロックを解除できます。


外部サイト