吉岡里帆『名探偵コナン』への愛が止まらない!ベテラン陣に聞きたいこととは

写真拡大

劇場版21作目となる『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』(4月15日公開)では、江戸川コナン(=工藤新一)と服部平次という東西の高校生探偵が揃い踏みするというファン垂涎のストーリーを展開。さらに、今後にも大きく絡んでくる百人一首の高校生チャンピオン・大岡紅葉が、スクリーンに初登場を果たす。「平次の婚約者」を名乗る紅葉の登場は、平次と幼馴染みの遠山和葉の関係にどんな影響をもたらすのか。そんな平次と和葉を前に、新一と毛利蘭の関係にも変化が生まれるのか!? 胸キュン間違い無しの“淡い恋のストーリー”に注目が集まっている。

本作で、ゲスト声優としてオリジナルキャラクター・枚本未来子を演じているのは、ドラマ『連続テレビ小説 あさが来た』『ゆとりですがなにか』『カルテット』や、CM『UR賃貸住宅』『綾鷹 にごりほのか』などに出演している、吉岡里帆さん。このインタビューでは、『名探偵コナン』への愛や、劇場版のテーマになっている百人一首にまつわるエピソードなどについて語っていただいた。

――『名探偵コナン』にはベテランの声優さんたちが出演されていますが、ご一緒する機会はありましたか?

なかったんです。現場に行ったらみなさんと一緒に声を入れられるんだとワクワクしていたのですが、実際は1人だったので、ちょっと残念に思いながら「会えると思っていたんですよねー」とちょくちょくこぼしてました(笑) でも、完成披露で会えるので、かなり楽しみですね。あと先日、キャラクターの中でもすごく大好きな灰原哀ちゃんを演じている林原めぐみさんがラジオ番組に来てくださったんですけど、「この人があの声を入れているんだ!」って感動しました。なので、完成披露ではファンの1人になっていると思います(笑)

――レギュラー声優陣にはどんなお話を聞いてみたいですか?

少年探偵団にすごく感動しています! 役の中では小学生なんですけど、ベテランさんたちがこのコンビネーションを作っていて、みんなのキャラが大好きなんです。だから、この方々は普段からプライベートでも仲がいいのか、そういったことも聞きたいです。あと、新一の声とコナンくんを別の人が演じているというのが、いざコナンくんが大人になったバージョンをやる時はすごく難しそうだなと。新一の声に近づけなきゃと思ったり、新一の声に寄せたりするのかなとか、いっぱい聞いてみたいことがあります!

――本作は競技かるたをテーマにしていますが、百人一首で好きな歌はありますか?

百人一首は子どもの時から小中高大と授業とか課題のテーマで扱ったり、書道をやっていたので作品発表で使わせてもらったりしていることもあって好きですね。特に好きなのは「人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける」という歌なんですけど、「人はいさ」という音に惚れ込みました。でもこのお仕事をいただいてから意味を調べてみたら、あまり大した歌じゃないことがわかったんです。ほかにも「瀬を早み岩にせかるる滝川の  われても末に逢はむとぞ思ふ」とかとても素敵な想いを秘めた少女の歌とかかわいい歌がいっぱいある中で、「人はいさ」って「おじさんが昔行った宿に再訪して、店主に皮肉を言われて、またまたそんなこと言って、梅の花の香は変わらないけれど私のことは忘れていたんでしょ」って返すみたいな歌だったんです(笑) でもやっぱり音の響きとか、キザっぽいところは好きですね。

――このほかにも意味を知った上で、新しく好きになった歌はありますか?

やっぱり「瀬を早み岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ」は素敵ですね。想いを言葉にして、歌に乗せて、恋心を伝えるなんて日本人らしくてすごくピュアですよね。