この日もキャプテンマークを巻き、チームを牽引した小林。ただ、勝利には結びつかなかった。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

[ACLグループステージ4節]川崎 0-0 広州恒大/4月12日/等々力
 
 最後までスコアボードは動かないまま、試合終了のホイッスルが鳴る。今大会いまだ勝利のない川崎にとっては悔しいドローとなった。2015年のアジア王者に挑んだ一戦、川崎はどんな狙いを持っていたのか。試合後、ゲームプランを明かしてくれたのはキャプテンの小林悠だ。

【PHOTO】川崎は広州恒大とスコアレスドローで3位変わらず
 
「前半は0で乗り切ろうと言っていました。布陣を見ても前半は個人で打開できる選手を前に置いていて、前半我慢すれば、後半、チャンスは来るかなと。後半は追い風だったこともあって、良い形は作れました」
 
 グループステージ3節、アウェーで広州恒大と対戦した際、相手は後半に足が止まることは確認していた。だからこそ、川崎は前半、トップ下のハイネル、中盤左の長谷川竜也の突破力を生かし相手に少しずつダメージを与えながら、後半頭からはベンチに温存していた中村憲剛を投入し、パス回しのリズムを上げて攻め込んだ。
 
 しかし、チャンスは作るも最後までネットは揺らせず。今大会初勝利はお預けとなり、4つめのドローが積まれた。
 
 ゲームプランは、ほぼ理想通りだった。しかし、ゴールを奪えなかった攻撃面では連係不足が課題になったと小林は語る。
 
「怪我人も多く、いつものメンバーでできない難しさはありました。ハイネルはドリブルで打開できますが、もう少しパスで崩したい部分もあった。そこは練習で話せば分かると思う。もっとキープしてもらって打開していった方が良いところもあったので。ただ、そこは意見交換で直せる。もっと周囲の良さを引き出せるようにやっていきたい」
 
 この点は、司令塔の中村も「まだ合っていないところはある。でも、新しい選手たちの良さを引き出すことも重要」と小林の言葉に同調する。
 
 グループステージの4戦を終えて、川崎は勝点4で3位。上位2チームが決勝トーナメントに進出できるなか、残り2試合で、1位の水原三星(勝点8)、2位の広州恒大(勝点6)を越えなければならない。
 
 難しいミッションに映るが、小林は自信を覗かせる。
 
「今日はホームだったので勝たなくてはいけなかった。でも、一番大切なのはグループリーグを突破すること。残り2試合を勝てば、問題なくいける。ここまで一回も勝てていないのはどうかと思いますが、大事なのは最終的に突破することです」
 
 4月25日の水原三星戦(アウェー)、5月9日のイースタンSC戦(ホーム)を経て、どのような結果を得るのか。残り2試合のサバイバルには注目したい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)