米国の半導体大手・NXPセミコンダクターズと中国産業情報産業省(MIIT)傘下の中国情報通信研究院(CAICT)は、インテリジェントな輸送と安全に貢献するスマートカー・コネクテッドカーのイノベーションを促進するための戦略的協力協定を締結しました。

CAICTコミュニケーションスタンダード研究所ディレクターのWang Zhiqin氏とNXPグローバルシニアバイスプレジデント兼大中華圏プレジデントLi Zheng氏は、4月11日に深セン市で、MIIT電子情報部集積回路部門ディレクターのRen Aiguang 氏が見守る中で、この合意に調印しました。

CAICTによると、中国MIITがスマートカー・コネクテッドカーの分野でNXPに正式パイロット会社の地位を付与したということで、NXPは中国での有利な立場を確保したことになります。

一方CAICTは、中国産業情報産業省に 「中国-ドイツ知的製造協力プログラム」のプロジェクトリーダーとして任命されています。

今後、NXPとCAICTは中国でのスマートカー・コネクテッドカーについてのイノベーションで戦略的に協力することになります。

(山内 博・画像:NXP セミコンダクターズ)

米・NXP社と中国産業情報技術省傘下のCAICT、スマート・コネクト・カーに関する戦略的協力協定を締結(http://clicccar.com/2017/04/13/462650/)