米国の市場調査会社、ガートナーがこのほど公表した世界のパソコン市場に関するリポートによると、今年(2017年)1〜3月の世界出荷台数(速報値)は6218万台となり、1年前の同じ時期から2.4%減少した。

 パソコンの四半期出荷台数が6300万台を下回るのは、2007年以来初めてのことという。また米ベンチャービートは、パソコン世界出荷台数の前年割れは、これで10四半期続いたと報じている。

(参考・関連記事)「世界のPC出荷台数、7四半期連続の前年割れ」

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

消費者向けが低迷

 ガートナーによると、パソコン市場では、法人向け製品が穏やかな成長を見せているが、消費者向けの需要が減少しており、これが市場全体の低迷につながっている。

 消費者は依然として買い替えを控えており、一部の消費者はパソコンの購入をやめてしまった。一方、法人分野では依然パソコンは重要な機器であり、彼らの仕事における中心的な機器であり続けている。

法人分野がカギ握る

 こうした状況では、「法人分野で確固たる地位を保つことが、パソコン市場の継続的な成長を維持していく上で重要になる。法人分野における勝者が、最終的にこの縮小していく市場の中で生き残れる」と、ガートナーの主席アナリスト、北川美佳子氏は指摘している。

 また同氏は、「法人市場で強い存在感を示せていないメーカーは、今後大きな問題に直面し、5年のうちに市場から撤退せざるを得ない状況になる」とも指摘している。

 ただ、同氏によると、そうした状況でも特定分野向けの製品を開発するメーカーは今後も存在し続ける。同氏はその例として、ゲーム用パソコンや、作業現場などで利用される堅牢仕様のノートパソコンといった分野を挙げている。

上位3社以外の商機は限定的

 今年1〜3月のメーカー別出荷台数を見ると、上位6社は、中国レノボ・グループ(聯想集団)、米HP Inc.、米デル、台湾エイスース(華碩電脳)、米アップル、台湾エイサー(宏碁)の順。

 それぞれの出荷台数は、レノボが1237万7000台、HPが1211万8000台、デルが935万1000台、エイスースが454万7000台、アップルが421万7000台、エイサーが419万台となった。

 ガートナーによると、このうち上位3社のレノボ、HP、デルの間では競争が激化している。特にレノボとHPのシェアはそれぞれ19.9%、19.5%と拮抗(きっこう)しており、両社は実質的に互角。これにデルが15.0%のシェアで迫っている。

 こうした状況についてガートナーは、「パソコン市場における商機は、今後上位3社以外のメーカーにとって限定的なものになる」と指摘。ただし、アップルは特定の市場で堅固な顧客基盤を持っており、この競争構図の例外になるともガートナーは指摘している。

筆者:小久保 重信