ニコンは12日、デジタル一眼レフカメラ「D7500」と「D7500」とレンズを組み合わせた「D7500 18-140 VRレンズキット」を6月に発売することを発表した。

 同カメラは、DXフォーマットデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルの「D500」と同じ画像処理エンジンとCMOSセンサーを搭載する。これによりISO100〜51200の広い常用感度域でノイズの少ない高画質での撮影ができる。さらに、測光センサー「180KピクセルRGBセンサー」を採用し、AFやAE、オートホワイトバランスなどの自動制御機能の精度が向上。画像処理の高速化とバッファーメモリー容量の拡大によって、最高約8コマ/秒で50コマ(14ビット記録のロスレス圧縮RAW)までの高速連続撮影も可能となった。

 さらに、D7000シリーズとして初めて4K UHD(3840×2160)/30pに対応し、カメラとスマートデバイスを常時接続する「SnapBridge」にも対応。その他、タッチパネルとチルト機構採用の画像モニターを新たに搭載しながらも、高剛性炭素繊維複合材料を用いたカメラ本体とフレームを一体にしたモノコック構造によってボディーの薄型・軽量化を実現、より深いグリップを可能にしてホールド性が向上している。

 主な仕様は、レンズマウントがニコンFマウント(AFカップリング、AF接点付)、有効画素数が2088万画素、撮像素子が23.5×15.7mmサイズCMOSセンサー(DXフォーマット)、記録媒体としてSDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードが使用可能、画像モニターがチルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)約92.2万ドット(VGA)で視野角約170°、視野率約100%、明るさ調整可能、アイセンサーによる自動消灯可能。寸法は(W×H×D)約135.5×104×72.5mm。重さが約720g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)、約640g(本体のみ)。