「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」の様子

写真拡大

 子どもの頃、実家のタンスや教科書に落書きしてしまい、親や先生に怒られた経験はないだろうか。そんな幼少時の記憶からか、多くの人は「落書きはいけないこと」という固定観念にとらわれているはずだ。

 そこに目をつけたのが、文房具メーカーのぺんてるである。東京都内で20店舗以上の飲食店やバーを展開する日比谷Barとタッグを組み、「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」を期間限定(2月4日〜3月31日)で銀座にオープン。連日、国内外からの客で大盛況となった。

 なぜ、大人たちは「落書き」に惹きつけられるのか。実際に、この“らくがきカフェ”を訪れてみた。

●若い女性が殺到…人気の理由は「背徳感」?

 店の壁、テーブル、椅子、さらには床に至るまで、そこには訪れた人たちによる落書きがギッシリと描かれていた。らくがきカフェのオープンは、2014年6〜7月、15年9〜10月に続いて3回目だ。今回はらくがきを研究する「RAKUGAKI FACTORY」がコンセプトだという。

 店内を見わたすと圧倒的に女性客が多く、男性である筆者は完全に浮いている状態だった。

 盛況の理由について、仕掛け人の1人である、ぺんてる経営戦略室企画課長の内田傑雄氏は、「落書きをする背徳感を感じた後の『好き勝手に絵を描ける』という開放感が病みつきになるんです」と種明かしをする。「やってはいけないことを思う存分にできる」という状況は、現代人にとっては最高のストレス解消になるのだろう。

 そして、盛況ぶりとともに驚かされたのが、前述したように客のほとんどが女性だったことだ。

「昼はお子さんを連れた家族客も来ますが、客層の95%は女性です。いわゆる『女子会』での利用も多く、春休みの時期は女子高生や女子大生にもたくさんお越しいただきました。落書きというコンセプト以前に、女性はカフェに対しての興味が強いのだと思います」(内田氏)

 実際、メニューには女性向けにユニークな仕掛けが施されている。たとえば、オリジナルドリンクひとつをとっても、画材の瓶容器を模したジャーに入ったパイナップルとオレンジのカクテル「ポスターカラードリンク」(880円、税別/以下同)、ピーチ味ベースでバニラアイスとナタデココが入っていて、見事な青色の「修正液ソーダ」(880円)といった具合だ。

 料理も、人気だったのは、食べられる消しゴムやクレヨンが乗った「カラフルおつまみセット」(1500円)。消しゴムの正体はクリームチーズに色付きの食用ペーパーを巻いたもので、クレヨンはチョコレートでできている。

「リアルさを追求した見た目にも楽しいメニューが、お客様のインスタグラムやツイッターなどで拡散され、『ぺんてる、ヤバい!』と、より話題を呼ぶことにつながりました。海外のマスコミからも問い合わせがきました」(同)

●メニューはぺんてる女性社員と日比谷Barの共同開発

 このらくがきカフェの店舗デザインやメニューづくりなどで中心的役割を担ったのが、ぺんてるの女性社員たちだったという。

「今回のプロジェクトメンバーは社内公募だったのですが、手を挙げたのは大半が20代の女性社員でした。飲食メニューも、彼女たちに自由に考えてもらったものを日比谷Barさんに試作していただき、試食会を行い、また企画をもんで……と試行錯誤の連続でした。当然、なかにはボツになったメニューもあります。

 文具に似せた見た目にするには高い料理技術が求められますが、かといってコストをかけすぎても意味がありません。カフェとして気軽に利用してもらう範囲でメニューをまとめていくのが難しかったですね」(同)

 ぺんてるの本業である文具も、高品質でありながら日常的に使える価格設定を追求している。創業から70年以上を数える老舗文具メーカーならではのプロ意識が、このらくがきカフェでも発揮されたのかもしれない。

 ちなみに、「なかには、変な落書きはありませんでしたか?」と内田氏に聞くと、「ありますね(笑)」と即答。「描かれている最中はお声かけしませんが、あまりにひどい絵の場合は、帰られた後に消したり壁紙を張り替えたりしました」(同)という。

 当たり前だが、いくら自由な「落書き」でも、誹謗中傷や公序良俗に反するような内容はいけない。

 大盛況のうちに終了したらくがきカフェだが、残念ながら4回目の開催スケジュールは未定。もし次回があるのであれば、さらに自由な落書き空間と凝ったメニューが提供されることは間違いない。
(文=岡田光雄/清談社)