トランプ米大統領の就任から80日過ぎたが、その間にフロリダ州にある別荘を頻繁に訪れたことで、その旅費は2000万ドルを超えており、このペースだとオバマ前大統領が8年間の在任中に使った旅費の総額を就任わずか1年で上回ることになる。写真はトランプグッズ。

写真拡大

2017年4月11日、環球網によると、米国のドナルド・トランプ大統領は就任から80日が過ぎたが、その間にフロリダ州にある別荘を頻繁に訪れたことで、その旅費は2000万ドルを超えており、このペースだとバラク・オバマ前大統領が8年間の在任中に使った旅費の総額を就任わずか1年で上回ることになる。

CNNによると、トランプ大統領はこれまでに、フロリダ州の別荘で6回週末を過ごした。日数は21日間で、かかった費用は2160万ドル(約23億7600万円)に上ると推計されている。

保守系の行政監視団体ジュディシャル・ウオッチによると、オバマ前大統領は公務で海外に出向いた以外に、私人としてもスキーをしにアスペンへ行ったり、マサチューセッツ州で休暇を家族で過ごしたりしたが、それでも8年間の在任中に使った旅費の総額は9700万ドル(約106億7000万円)に届かなかった。

保安費用の算出は推計が難しいが、米政府監査院(GAO)の2016年報告書では、オバマ前大統領が13年にフロリダへ4日間の日程で旅行した際、シークレットサービスや沿岸警備隊の費用は総額360万ドル(約4億円)。トランプ大統領がこれまでと同様に頻繁に移動すると、今後数カ月でオバマ前大統領の旅費を超えることになる。

トランプ大統領は12年にツイッターで、当時在任中だったオバマ大統領の旅費について、「オバマ氏の休暇に納税者が何百万ドルも支払わされている。信じがたいことだ!」と批判したことがある。(翻訳・編集/岡田)