ソウルの大気汚染が約2カ月前から深刻化している。あたり一面が「煙霧」で覆い尽され、日常生活に支障が生じている韓国人の不満は高まる一方だ。

写真拡大

ソウルの大気汚染が約2カ月前から深刻化している。あたり一面が「煙霧」で覆い尽され、日常生活に支障が生じている韓国人の不満は高まる一方だ。環球網が伝えた。

韓国・聯合ニュースは10日、「韓国環境部大気品質総合予報センターによると、今年1月から3月、ソウルでは、PM2.5の濃度が『深刻レベル(1立方メートルあたり81〜150マイクログラム)』に達した日数が14日に上り、2015年(5日)と2016年(2日)に比べ、9日から12日増加した」と報じた。

大気汚染源について、韓国の複数の専門家は続々と矛先を中国に向け、多くの韓国メディアも中国と関係が深いと当たり前のように報じている。韓国メディアによると、韓国では数年前から大気の質が悪化の一途をたどっており、汚染粒子状物質は主に中国西部の砂漠地帯から飛来しているほか、韓国本土で発生した煙霧もあるという。さらに、韓国の環境保護関係者は、中国政府と韓国政府に対し、汚染粒子状物質が韓国市民にもたらした精神的な被害に対する損害賠償を請求している。

韓国国内で中国に対する非難の声が高まる一方で、11日付韓国「亜洲経済」には、大気汚染問題に関する中国側の対応は、大国の風格を備えたものだと肯定する文章が掲載された。

中国外交部の華春瑩報道官はこのほど、「中国からの大気汚染物質拡散に対する韓国市民の不満」に関する質問を受け、次の通りコメントした。

「大気汚染問題は、中国政府が現在、問題解決に大々的に取り組んでいる課題である。中国人民がより多くの青空とクリーンな空気を取り戻せるよう尽力するという政府の決意は、固く揺るぎないものであると同時に、この問題を解決することは避けては通れないプロセスであると政府は認識している。中国の大気汚染が周辺国に影響を及ぼしているか否かについては、科学的・専門的な研究論証が必要だ。中国の環境保護部門と周辺国を含む他国は、緊密なコミュニケーションを保っている。中国は、環境保護分野での国際対話・協力を強化し、環境保護・整備分野でより多く、かつ、よりスピーディーな進展を後押しすることを強く望んでいる」。(提供/人民網日本語版・編集/KM)