@AUTOCAR

写真拡大

スバルは2017年ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、開発中の新型3列ミッドサイズSUVの名称を「ASCENT(アセント)」として発表し、同車をイメージしたデザイン・コンセプトカー「スバル・アセントSUVコンセプト」を公開した。

エクステリアは、スバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC x SOLID」の下で、3列SUVに求められるゆとりあるサイズ感に加え、高い機能性をクルマ全体で表現している。

日月(たちもり)取締役専務執行役員の昨年のコメント

スバルの日月丈志(たちもりたけし)取締役専務執行役員は昨年、「このセグメントの顧客が、フルサイズのモデルを望むことは、わたくし共も理解しております。次期3列シートのモデルは、スバル史上最大サイズのクルマになると思います」と話していた。これを実現したのが、今回のアセントとなる。

車内空間は新世代へ

またキャビンは、デジタル・インストルメント・クラスターとセンター・タッチスクリーンを採用。水平基調のトリムとルーミーな空間設計が印象的だ。

北米市場専用モデルとして米国の生産拠点である「スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ」で生産する量産型アセントは、スバル・グローバル・プラットフォームや新開発水平対向直噴ターボエンジン等を採用し、2018年に市場導入を予定している。

今回発表された車両スペックは下記の通りで、スバル史上最大サイズの生産車両になりそうだ。

全長x全幅x全高:5050x1990x1840mm
ホイールベース:2970mm
タイヤ:275/50 R21
乗車定員:7名