アメリカ・ニュージャージー州で飼われていた猫のジミーは、2年半前(当時13歳)に散歩に出たきり行方知れずでした。

家族がビラを作って探しまわるも、結局ジミーは見つかりませんでした。しかし最近になって、16km離れた保護施設のFacebookでジミーによく似た猫を発見したのです(今年3月に吹雪で凍えているところを保護された)。

さっそく会いに行きましたが、もしジミーだとしても飼い主のことを覚えているのか不安だったそうです。

 

Family Saw Photos of Their Missing Cat on Shelter Page, Tearful Reunion After 2 Years.


家族が声をかけると、親しげに頭をこすりつけてきました。
「間違いなくジミーだわ!」


すぐに夫を呼ぶと、ジミーは同じようにスキンシップ。


失踪時に13歳だったジミーは、それまで毎日外出しては必ず帰ってきたので、いなくなるとは想像もしていなかったそうです。

[画像を見る]
家族は失踪以来、外を歩くときはジミーの名前を呼び続けてきました。

[画像を見る]
家族と再会できて、ほっとした表情のジミー。

[画像を見る]
飼い犬もすぐにジミーだとわかって迎え入れてくれたとのこと。

現在は15歳と高齢ですが、まだまだ元気だそうです。

【「行方不明の猫に2年半ぶりに会いに行った…覚えているのか不安」→再会直後の写真がこちら】を全て見る