Girl′s Day ソジン「事務所からの恋愛禁止令?年のせいでデビュー当時から…」

写真拡大

Girl's Dayのソジンがデビューしたてのとき、メンバーたちとの違いを明かした。

11日に韓国で放送されたKBS 2TV「1対100」では、ソジンがゲスト出演して100人と対決した。

この日、MCのチョ・チュンヒョンアナウンサーはソジンに「メンバーたちと年の差があるが、年の差を感じるときがあるのか」と質問し、ソジンは「最近そう感じることが多くなってきた。略語とか、最新の歌が分からない」と答えた。

これに対してチョ・チュンヒョンは「会話は大丈夫か」と聞き、ソジンは「会話するときは全然大丈夫だ。私と一緒にいるときは、(略語など) あまり使わない」と話して笑いを誘った。

続いて、ソジンは「末っ子のヘリとは8歳も離れている。デビュー当時は私も若かったので、負担を感じることはなかったけれど、時間が経つにつれ、メンバーたちと違和感を与えるのではないかと気になる」と告白した。

また、チョ・チュンヒョンはソジンに「デビューしたてのとき、メンバーとは違う利点を受けたらしいが」と聞き、ソジンは「私は最初から恋愛禁止令は受けていない。年齢がいってるためだ。理想のタイプは芯が強く、優しい人だ」と答えた。

すると、チョ・チュンヒョンは「昔、歌手イ・ジャンウォンさんが理想のタイプだと言っていた。イ・ジャンウォンさんは本当だと知っている」と聞き、ソジンは「本当だ。会ったとき、私は親しげなタイプではないから、挨拶だけしていた」と申し訳ない気持ちを伝えた。