待望の新作劇場版アニメ!「K SEVEN STORIES」/(C)GoRA・GoHands/k-project

写真拡大

'12年に第1期、'15年に第2期が放送されたアニメ「K」シリーズの新作劇場版「K SEVEN STORIES」の'18年夏よりの公開と、舞台「K MISSING KINGS」公演が決定した。

【写真を見る】Kのキャラクターたちがアイドルに…!?/(C)GoRA・GoHands/k-project

「K」は、作家集団のGoRAが脚本・原作を手掛け、アニメーション制作会社GoHandsが制作を担当しているアニメシリーズ。'12年にアニメーション第1期「K」、'14年に劇場版「K MISSING KINGS」が公開され、'15年に第1期と劇場版のその後を描いた第2期「K RETURN OF KINGS」が放送されている。

今回、新作アニメーション「K SEVEN STORIES」が劇場版アニメーションであることと、7つの物語の内容であることを発表。すでに小説や漫画化されている「SIDE : BLUE」「-Lost Small World-」「R : B」「SIDE : GREEN」「-メモリー・オブ・レッド-」がベースの物語や、アニメ「K」のキャラクターたちがもしもアイドルだったら? というスピンオフ作品「アイドルK」、そして、GoRA書き下ろし原作による完全オリジナル新作アニメーションで構成される。

劇場版アニメ「K SEVEN STORIES」は'18年夏より順次公開。さらに、劇場版アニメーションとして公開された「K MISSING KINGS」が舞台化され、出演者に荒牧慶彦、佐々木喜英をはじめとした若手イケメン俳優が決定した。今後も「K」の世界が展開されていく。