トランプ支持の宿泊先オーナー、米在住のアジア人学生の宿泊を拒否(出典:http://www.nbcsandiego.com)

写真拡大

アメリカを本拠地とした、宿泊施設や民宿を貸し出す人向けのサイトとして知られている「Airbnb」は、世界192か国3万以上の都市で多くの宿の提供を行っている。このほど同サイトを通して宿泊施設を予約した女性が、「アジア人だから」という理由で間際に宿泊をキャンセルされたニュースが『NBC4 News』で報じられ、複数メディアでも取り上げられた。

【この記事の動画を見る】

南カリフォルニアのリバーサイドに暮らす法学部の学生ダイン・スーさん(23歳)は、普段多忙な勉強からの息抜きにと2月20日の米国民の祝日“プレジデント・デー”にあたる週末、カリフォルニア州ランニングスプリングスにある山間のキャビンを婚約者、そして友人2人と一緒に宿泊する予定で1か月前に予約した。

雨と雪が降る悪天候の中、車で宿泊施設に向かっていたスーさんは、宿を提供してくれたオーナーに予約の確認をしようと携帯電話からメッセージを送った。すると突然、オーナーの女性はスーさんらの宿泊を拒否したのだ。

スーさんが理由を聞くとオーナーは「一言で言えばあなたが“アジア人”だからよ。あなたがたとえ地球上に残った最後の1人であっても、私はあなたに宿は貸しません」という差別発言を返し、スーさんは激しいショックを受けた。

そして「Airbnbにこのことを報告しますよ」と返信すると、オーナーの女性は「ご自由にどうぞ。私たちはトランプ支持者なの。あなたたち外国人にとやかく言われる筋合いはありません」と告げた。現地に向かっていたスーさんと友人らはこのオーナーのあからさまな人種差別を受け、その場で車を停めて起こった出来事を動画に収めた。宿泊先まであとわずか3分という地点で、アジア人であることを理由に宿泊を拒否されたスーさんは泣きながら事態を説明した。

3歳の時から20年間アメリカで暮らし市民として生活してきたスーさんにとって、アメリカは故郷でもある。また、スーさんは大学の法科で皮肉にも「人種間関係学」を学んでおり、今回これほどまでに明らかな人種差別を受けたことに相当なショックを受けている。「何年アメリカに住んでいようが関係なく、私がただアジア人だからという理由でこんな対応をされるのです」と『NBC4 News』のインタビューでも涙ながらに語っている。

スーさんから報告を受けたAirbnbスポークスマンのクリストファー・ナルティさんは「当社のポリシーに違反しており嫌悪すべき許し難い行為です」と述べ、すぐにリストからこのオーナーの宿泊施設を削除する旨を示した。

4月5日にFacebookに投稿されたスーさんの動画は、370万回以上も閲覧されており多くの反響を呼んでいる。中には「そんな施設のオーナー、訴えてやればいい」と怒りを露わにする人もいるようだ。なお、『NBC4 News』のレポーターがこの宿泊施設のオーナーである女性に電話でインタビューを試みたところ、女性は「ノーコメント」とだけ言い電話を切ったという。

出典:http://www.nbcsandiego.com
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)