心当たりある?無意識にやりがちな「汚肌」を招くNG習慣

写真拡大 (全4枚)

エステティシャンの筆者は、お顔の“黒ずみ毛穴”など肌の悩みをお客様から伺うことがとても多いです。鼻の周りの黒ずみや頬や顎の黒いプツプツ。それらを作っている原因はさまざまですが、その一因は日頃の習慣の中にもあります。

今回は筆者の実体験も踏まえ、汚肌を招いてしまうNG習慣についてご紹介したいと思います。

1:不十分なクレンジングによる、メイク汚れの残り

https://www.shutterstock.com

ご存知の通り、メイクアップ化粧品には油分や色素などが使われています。クレンジングや洗顔などでメイク汚れをきちんと落とせていないと、お肌の表面や毛穴にメイク汚れが残ったままになってしまいます。そのまま翌日に上塗りしていくのはやはり良くないですよね。

正しいスキンケアと洗顔を行い、必ず1日の終わりには念入りにメイクをオフするようにしましょう。

2:春夏も気をつけたい、保湿ケア不足

https://www.shutterstock.com

クレンジング、洗顔をしたあとの保湿不足も原因のひとつであると考えられています。化粧水や乳液の量が少なかったりきちんと馴染ませていないとお肌が乾燥し、乾燥から守ろうと過剰に皮脂分泌を起こして皮脂が多くなり、汚肌に近づいてしまいます。

ですからこれから気温が上がっていく春夏にも、化粧水だけのケアだけというのはNG。クレンジングや洗顔、化粧水、乳液、クリームといったスキンケアはお肌のコンディションを整えるためにきちんと行いましょう。

3:ピンセットなどで無理に毛穴を触る

https://www.shutterstock.com

黒ずみが気になるからといって、ピンセットなどで毛穴汚れを触るのもトラブルのもと。毛穴が傷つくだけでなく、雑菌が入って余計に悪くしてしまうことも考えられます。

毛穴汚れが気になる方は、まずクレンジングや洗顔方法、スキンケアの仕方や量を見直すことが第一です。筆者のお勧めは週に2回ほど洗顔後に角質をリセットする酵素パックやクレイマスクなどを行ってから、スキンケアを丁寧に行うこと。ご自分の肌の調子を見ながら適切な頻度で習慣化させることでお肌が柔らかくなり、黒ずみができにくくなります。

いかがでしたか? 様々なケアの方法がありますが、一番ベースとなるクレンジング洗顔やベーシックなスキンケアがきちんとできていない方が少なくありません。まずは正しいクレンジング洗顔、スキンケア法から見直してみてくださいね。

【画像】

※ Lucky Business , Jacob Lund , gpointstudio , puhhha Dmitry , Melnikov / shutterstock

【筆者略歴】

寒川あゆみ

大阪 谷町九丁目 エステサロン Private Salon Laule'aを運営。サロンワークの他、美容家・美容ライター・講師としても活動。