同棲はやめたほうがイイ!? 国際恋愛中のカップルが喧嘩しがちな3つの原因

写真拡大

【相談者:20代女性】
遠距離で国際恋愛中の彼との同棲を考えています。
同棲すると喧嘩が増えると聞きますが、パートナーが外国人でも同じでしょうか?

少しの喧嘩でも、理解が深まる結果になれば良いと思いますが、同棲したことが原因で別れたくありません。
アドバイスをお願いします。

●国際恋愛カップルにしかない喧嘩の種がある!?

はじめまして。国際結婚アドバイザーのCocoです。
同棲すると喧嘩が増えると言われるのは、一緒に過ごす時間が増えるからです。

今までそれぞれ違う環境で過ごしてきた二人が、それぞれのライフスタイルを持ち寄って生活します。
ですので感覚の違い、価値観の違いから喧嘩が増えるのは必然です。

こういった基本的な事は、日本人カップルも国際恋愛カップルも同じです。
しかし国際恋愛カップルには、それに加えて他にも喧嘩が増える理由があります。

経験者の方々の声を聞いてみましょう。

●(1)パートナー以外にも心許せる友達作りを!

『国際恋愛カップルが同棲する場合の多くは、彼女か彼氏が移住することになりますよね。これまで遠距離恋愛だったカップルにとっては夢のように嬉しい話。でも、しばらくすると移住によるストレスは必ず出てきます。異国での生活は本当に大変です。その時に頼れるのはパートナーしかいないと、喧嘩も増えて、お互いに苦しい思いをする可能性があります。』(40代/民宿経営)

文化の違い、言語の違い、食文化の違いなど外国への移住は、様々なストレスがつきものなのが現実です。
ちょっと愚痴りたい時に、愚痴る相手がパートナーしかいないとお互いに疲れてしまうこともあるでしょう。

その為にも、移住したら習い事や地域のイベントなどに積極的に参加して友達を作る努力 をできるだけ早く始めましょう。
パートナー以外にも心を許して話せる相手がいることで、随分と変わります。

●(2)移住時の手続き関係が大変!リストを作って冷静に!

『移住すると、とにかく役所などでの手続き関係が大変です。慣れない言葉、慣れないシステム、役所であってもスムーズに手続きが行われないことは海外では日常茶飯事です。私もそうでしたが、こういう手続き関係でイライラして、喧嘩する国際恋愛カップルはたくさん見てきました。』(40代/フリーランス)

日本でさえ、様々な手続きは時間もかかるし億劫になってしまいますが、言葉もシステムもよく分からない外国では余計にそうなってしまいますよね。
パートナーだって、外国人が移住してくる際の手続きは初めてという場合が多いでしょう。

国によっては、役所であっても賄賂を求められることだってあります。
賄賂を払わなければ後回しにされ続けて、全然手続きが進まない!なんてことも海外ではあります。

イライラしてパートナーと喧嘩にならないように、「ToDoリスト」を作り、やらなくちゃいけないことを冷静にこなしていけるようにしておきましょう。

●(3)一人の時間を大切に

『移住してしばらくは、友達もいないし、パートナーとしか過ごさないことが多いと思います。でも、いつも二人でいるとやっぱり喧嘩は増えるので、一人で過ごす時間も大切にすることが肝心だと思います。家に二人で居ても、お互いが一人になれる空間を少し設けておくとか、週末の1日だけはお互い一人で過ごすなど、日々のストレスをリセットする為には大切なことですよ。』(50代/販売業)

日本に居たら、彼氏と同棲していても、友達と遊びに行く日があったり実家へ帰る日があったりと、意識しなくても比較的お互いが別々になる時間があると思いますが、海外移住直後は友達も家族もいない状態です。
もはやパートナーしか知っている人はいない というケースもあります。

お出かけしようにも道が分からない、電車やバスの乗り方がいまいち分からない、という理由から一人でのお出掛けも敬遠しがちかもしれませんが、思い切って一人で出掛ける機会を作るのもリフレッシュになって良いでしょう。

お互いが好きなように一人で過ごす時間 を大切にするということを忘れずにしましょう。

----------

日本人同士のカップルが同棲して喧嘩になりやすい事は、外国人がパートナーであっても同じです。
しかし、プラスアルファで喧嘩になる原因が国際恋愛カップルにはあるという事を心に留めて、幸せな同棲ライフを楽しんでくださいね。

移住すると、文化の違いや言葉の違いに戸惑う事も多いと思います。
もし悩まれたら、いつでもお気軽にご相談ください。

●ライター/Coco(国際結婚アドバイザー)