先日発売されたばかりのSamsungのフラッグシップモデルGALAXY S8と、昨秋発売されたAppleのiPhone7 Plusとのスピード対決動画が公開されています。

Galaxy S8対iPhone7 Plusのスピード勝負

先日YouTuberのEverythingAppleProによる、Galaxy S8とiPhone7 Plusとのカメラ性能を比較検証した動画をご紹介しました。同YouTuberが同じくGalaxy S8とiPhone7 Plusで、同一のアプリを順番に開いていくスピードテストの実験動画も公開していますので、ご紹介します。
 
これは過去にもさまざまなスマートフォンで何度も行なわれているシンプルな実験です。

ベンチマークテストではGalaxy S8のほうが上

ちなみにGalaxy S8/S8+は、マルチコアベンチマークテストではiPhone7/7 Plusを超えたといわれています。ただしシングルコアベンチマークテストでは、iPhone7 Plusのほうがスコアが高いとされています。
 
つまり理論的には、Galaxy S8は単純なタスクではiPhone7 Plusより速度が落ちるものの、ゲームを立ち上げる、4K動画をレンダリングするという負荷のかかる作業では、iPhone7 Plusよりも高速処理が可能なはずです。
 
ところが今回EverythingAppleProが公開したスピードテストの結果は、この予想を完全に裏切るものでした。

iPhone7 Plusの勝利


 
アプリを順番に開いていくプロセスでは、最初はほぼ同じだったのが、徐々にGalaxy S8が遅れを取り始めます。そして本来ならGalaxy S8のほうが得意なはずのゲームの立ち上げや4K動画のレンダリングにおいてiPhone7 Plusのほうが速いという、興味深い結果となっています。
 
ちなみにEverythingAppleProが動画で公開しているGeekbenchのベンチマークテストスコアによれば、マルチコアベンチマークテストではGalaxy S8は5,929、iPhone7 Plusは5,917でGalaxy S8が若干上回っていますが、シングルコアではiPhone7 Plusが3,478でGalaxy S8が1,846となっています。
 


 
 
Source:EverythingApplePro (YouTube) via BGR
(lunatic)