ウォーキング・デッド

写真拡大

開始から7年。これまで多くの登場人物が亡くなっている『ウォーキング・デッド』。昨年秋スタートしたシーズン7では第1話から主要人物のショッキングなシーンが描かれ、ファンにも動揺を与えたが、米Screen Rantは番組を去ってしまったあのキャラクターの今後について、伝えている。

(以後は、同シリーズのネタばれを含みますのでご注意ください)

今月2日(日)に放送されたシーズン7の最終回では、リック(アンドリュー・リンカーン)らチームのみんなを救うために自らが犠牲になることを選んだサシャ(ソネクア・マーティン=グリーン)が音楽を聴きながら過去を振り返るシーンが描かれたが、この回想シーンには彼女と想い合っていたもののシーズン7の第1話でニーガンの犠牲になったエイブラハム(マイケル・カドリッツ)が登場した。

エイブラハムの登場により、同じくニーガンに殺されたグレン(スティーヴン・ユァン)の再登場に期待を寄せる声も上げられているが、製作総指揮のスコット・M・ギンプルもその可能性を否定しておらず、米TV Lineのインタビューでは、原作でマギー(ローレン・コーハン)がグレンとの子どもを出産することについて触れ、「確かに可能だろう。否定するのは愚かだな」と述べた。

辛い話の多い『ウォーキング・デッド』の中で、マギーの妊娠は貴重な明るい話題なだけに、TVでの再現を望むファンも多いが、「(マギーの出産までには)まだ時間はかかるだろう。あっという間に時間は過ぎていくが、まだまだ描いていないこともたくさんあるんだ」と、まだ先のことになりそうだとギンプルはコメントしている。

先日、ロサンゼルスで開催されたPaleyFestに参加したギンプルは、オリジナル要素を加えながら原作のエピソードを忠実に再現していき、20年続くシリーズにしたいと意気込みを語っていた。いつのことになるかはわからないが、マギーがグレンとの子どもを出産する時、再び彼の姿を目にすることができるかもしれない。(海外ドラマNAVI)