@AUTOCAR

写真拡大

アロンソ インディ500参戦に強い意思

F1のマクラーレン・ホンダは、所属ドライバーのフェルナンド・アロンソが、インディアナポリス500マイル・レース(以下、インディ500)に参戦することを発表した。

今年で101回目を迎えるインディ500は、ル・マン24時間レース、F1モナコGPと並ぶ世界三大レースのひとつと言われており、アロンソの強い希望により参戦が実現したという。
 

アンドレッティ・オートスポーツからスポット参戦

アロンソは、かつてマクラーレンがインディ500で勝利を収めたカラーリングをまとったマシンでスポット参戦することになり、レースオペレーションは、佐藤琢磨選手が2017年から在籍しているAndretti Autosport(アンドレッティ・オートスポーツ)が担当する。エントリー名は「マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ」だ。

アンドレッティ・オートスポーツとしては、レギュラーシーズンを戦うホンダ・エンジン搭載マシンに、アロンソの1台を加えた体制で、2017年のインディ500に参戦することになる。

なお、アロンソは5月28日に決勝日を迎えるインディ500と同日開催されるF1モナコGPは欠場。代わりを務めるドライバーについては現在のところ公表されていない。