辛東彬氏=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国当局から出国を禁じられている韓国ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)会長が一時的に出国禁止を解除され週末にハワイで行われる次女の結婚式に出席することが12日、分かった。

 財界関係者によると、辛氏は結婚式に出席するために出国禁止を一時解除するよう検察に要請し、先ごろ許可を受けたという。
 辛氏は検察がロッテグループの裏金疑惑の捜査をしていた昨年の7月から9月まで出国禁止措置を受けた。その後、免税店事業の許認可などをめぐり前大統領の朴槿恵(パク・クネ)容疑者に不正な口利きを依頼し、その対価として朴容疑者と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告が「共同運営」したスポーツ・文化関連の2財団に資金を提供した疑惑が浮上し、再び出国禁止になった。
 日本の週刊文春によると、辛氏の次女スンウンさんはTBSアナウンサー、石井大裕さんと結婚する予定という。 
 ロッテの関係者は「家族の結婚式に出席できるよう検察が配慮したものと承知している」とし、「週末の結婚式に参加するために、辛会長は早ければ13日ごろに出国するだろう」と話した。
yugiri@yna.co.kr