俯瞰図

写真拡大 (全2枚)

若い女性を中心に、トンでもないスターバックスのメニューが「開発」された。

まるで、シンガーソングライター・ピコ太郎さんの「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」を思わせる、「ドーナツ」と「ドリンク」を組み合わせた、異色のメニューだ。

ブームはオーストラリアから?

状況を説明しよう。

要は、スターバックスコーヒーのアイス用のカップのフタの上に、同じくスターバックスコーヒーのドーナツを置いただけ。ドーナツの穴の中をストローが貫通している、という具合だ。

インスタグラムやツイッターなどのSNSには、「Tella Ball Shake(テラボールシェイク)」という単語とともに、スタバのドリンクの上にドーナツをのせた写真が複数投稿されている。

インスタグラムで「#tellaballshake」と検索すると2201件がヒットし、「#テラボールシェイク」では246件が該当(ともに4月12日時点)。

投稿者は10代の女性が中心で、

「流行りに乗っかってみたやつ笑」
「密かにやってみたかったテラボールシェイク風...こういうのやっちゃうとこがミーハーなんだよね笑」
「テラボール風とやら写メ撮りたくて、色合い大事やからわざわざマンゴー頼む」

といった内容が目立つ。

カラフルな色合いの商品が好まれており、ドーナツであれば、「ストロベリードーナツ」(税抜240円、以下同)や「アールグレイミルククリームドーナツ」(250円)、ドリンクは、「パッションティー」(290円〜)や「抹茶 クリーム フラペチーノ」(470円〜)などが「おススメ」のようだ。

一体なぜこのようなスタイルが流行っているのか? 答えは、ハッシュタグにもなっている「テラボールシェイク」という食べ物だ。

「Tella Ball Shake(テラボールシェイク)」とは、オーストラリア・シドニーにあるカフェ「Tella Balls Dessert Bar(テラボールデザートバー)」で提供されている人気メニュー。瓶に入ったミルクシェイクの上に、「ヌテラ」と呼ばれるチョコレート風味のクリームを塗ったドーナツをのせたスイーツだ。

今回の日本での現象は、これが「再現」された形となる。身近なコーヒーチェーンである「スターバックス」の「ドーナツ」と「ドリンク」を使うことで手軽にマネができ、なんといっても「写真映え」するため、日本でもブームとなった。

「和製・テラボールシェイク」は、ドーナツを外してドリンクとは別々で食べるのが「基本」。しかし、ドリンクのふたを外した状態でドーナツをのせ、浸しながら食べるといった「応用」もある。

スタバの店員さんに聞いた 「やってる人見たことあります?」

都内にあるスターバックスの店員に話を聞くと、

「SNSなどでは見たことはありますが、実際にお客さんが店でやっているところは見たことがありません」

と話す。

「もしかしたら、お店でやるのが恥ずかしいので、テイクアウトするお客さんが自宅などで楽しんでいるかもしれません」

とも答えた。

SNSで「和製・テラボールシェイク」の投稿を見たネットユーザーからは、

「理解不能すぎてわろてる」
「今の若者はこんな飲み方するんか?」
「頭悪そう ぶっ刺す意味ある?」
「フォトジェニックだな〜やってみたい」

と驚きの声もあがっている。