写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サンコーは11日、360度方向を撮影できるルームミラー型ドライブレコーダー「ミラー型 360 度全方位ドライブレコーダー」を発売した。価格は19,800円(税込)。

360度の全方向に対応し、横や後ろから追突されても撮影できるドライブレコーダー。画素数は300万画素で、H.264形式での記録に対応。記録メディアにはmicroSDメモリーカード(32GBまで)を使用する。

5インチの液晶を備え、タッチパネルから各種操作が可能。電源は12V / 24Vの両対応となっている。シガーソケットから給電が可能で、エンジンを始動させると自動で録画を開始。エンジンを切っていても、衝撃を感知して自動録画するパーキングモードを搭載している。また、録画したデータをPCで再生するための専用ソフトも付属する。

マイクやスピーカーのほか、事故にあった際にデータの上書き消去を防ぐ Gセンサーを内蔵。サイズはW310×D30×H100mm、重量は242g。対応OSはWindows 7 / 8 / 10。

(リアクション)