北海道で培われたラング・ド・シャ製造の技術を活かした「サク ラング・ド・シャ」

写真拡大

北海道銘菓「白い恋人」で知られる石屋製菓。銀座中央通りに開業する複合商業施設「GINZA SIX」内に4月20日(木)、道外では初となる直営店をオープン。それに伴い、銀座店限定の新商品5種類を販売する。

【写真を見る】ホワイトチョコレートでコーティングされた雪山のような「パリ パイ」

「GINZA SIX」の石屋製菓直営店「ISHIYA GINZA」限定の新スイーツは、様々な味わいのチョコレートを色とりどりのラング・ド・シャでサンドしたお菓子「Saqu LANGUE DE CHAT(サク ラング・ド・シャ)」をはじめ、北海道の雪山をイメージした形の「Pali PIE(パリ パイ)」、オリジナルの発酵バターを使用した「Fwari BUTTER CAKE(フワリ バターケーキ)」など5種類。

また、お麩にチョコレートをしみこませた変わり種「Zaqu CHOCOLATE(ザク チョコレート)」など、北海道産の小麦粉や乳製品を生かした東京ならではの味が新たに登場。「白い恋人」とは違った大人の魅力を感じさせる。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】