写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アスクはこのほど、NVIDIAのデスクトップ向けGPU「GeForce GTX 1080 Ti」を搭載したZOTAC製グラフィックスカード「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme」「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Edition」「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti Blower」を発表した。「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme」は4月14日、そのほかは4月下旬の発売を予定する。

○ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme

ZOTAC製グラフィックスカードの最上位モデル。GPUの動作周波数に加えて、メモリクロックを定格から大きくオーバークロックしている。電源回路は16+2フェーズで、GPUへの電源供給を最適化する制御チップ「Power Boost」を2基備える。

また、冷却システムとして独自の「IceStorm」を搭載。3基の90mmファンのほか、銅製ヒートパイプ、大型のアルミフィンアレイによるヒートシンクを組み合わせることで、高い冷却性能を実現する。アイドル時とGPUの負荷が低い場合に、ファンの動作を停止する「FREEZE」テクノロジーに対応する。

主な仕様は、ベースクロックが1,645MHz、ブーストクロックが1,759MHz、メモリは352bit接続のGDDR5X 11GB、メモリクロックは11,200MHz、PCとの接続インタフェースはPCI Express 3.0 x16、補助電源は8ピン×2。出力インタフェースは、HDMI 2.0b×1、DisplayPort 1.4×3、DL-DVI-D×1。本体サイズはW352×D148×H56.5mm。店頭予想価格は税別109,800円前後。

○ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Edition

ベースクロックとブーストクロックを引き上げたオーバークロックモデル。「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme」と同様に、2基の「Power Boost」や「IceStorm」クーラーを搭載する。なお、ファンは2基の100mmファンとなる。

主な仕様は、ベースクロックが1,569MHz、ブーストクロックが1,683MHz、メモリは352bit接続のGDDR5X 11GB、メモリクロックは10,010MHz、PCとの接続インタフェースはPCI Express 3.0 x16、補助電源は8ピン×2。出力インタフェースは、HDMI 2.0b×1、DisplayPort 1.4×3、DL-DVI-D×1。本体サイズはW300×D148×H43.5mm。店頭予想価格は税別99,800円前後。

○ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti Blower

冷却システムにブロアーファンを搭載した外排気仕様のクーラーを採用。主な仕様は、ベースクロックが1,480MHz、ブーストクロックが1,582MHz、メモリは352bit接続のGDDR5X 11GB、メモリクロックは11,000MHz、PCとの接続インタフェースはPCI Express 3.0 x16、補助電源は8ピン×1+6ピン×1。出力インタフェースは、HDMI 2.0b×1、DisplayPort 1.4×3、DL-DVI-D×1。本体サイズはW266.7×D111.15×H35.3mm。店頭予想価格は税別99,800円前後。