「ちょっとした違和感」が大変なコトに!? 結婚したら後悔する“隠れダメ男”5パターン

写真拡大

結婚と聞くと、多くの女性が愛する人と結ばれることを望み、幸せな生活を描くものです。

しかし、現実はそうはいきません。
付き合っている時に「この人しかいない!」と一緒に過ごす覚悟をしたとしても、共に生活をする中で「あれ?」と違和感を感じることは必然なのです。

その違和感は、やがて時間が経つにつれて大きなものになります。
気づいた時には修復不可能なものになり、お互いに歩み寄ることができません。
その結果、それぞれが別の人生を歩み始めることになるのです。

そうはなりたくないですよね?
今回はそうならないために、結婚をすると苦労する隠れダメ男5パターンとその対処法をご紹介します。

●(1)食べ物の好き嫌いが多い男

『彼の食べ物の好き嫌いが多いと苦労しますよ、自分の好きな食べ物が彼の嫌いな食べ物だった日にはもう最悪です。私が我慢してばかり』(30歳/主婦)

自分が好きなものを食べている時間というのは、とても楽しいものです。
その時間を好きな人と共有できるのは、幸せですよね。

しかし相手の好き嫌いがあまりにも多く、作る料理が制限されると楽しくなくなりませんか?
別々のものを用意して食事を取るという方法もありますが、手間が2倍に増え、同じものをシェアして楽しむシェアハッピーもなくなってしまいます。

結婚したら、食べ物の好き嫌いの多さに伴う苦痛が毎日続くのです。
耐えられますか?

「デートでレストランに行った時には何も言わなかったのに……」
そう思うことがあるかもしれません。
それは、彼の行きつけの場所にばかり行っていたからかも。

結婚前に見極める方法としては、あなたの行きつけのレストランに行きましょう。
そこで自分の好きなものを美味しそうに食べてくれるかどうかをチェックしてみることをお勧めします。

●(2)趣味が生きがいの男

『プライベートが充実してるのって大切だけど、いざという時に自分を大切にしてくれないとすごく悲しくなります』(29歳/事務)

生きがいを持っている男性は、女性にとってはとても魅力的。
仕事だけでなくプライベートも充実しているので、趣味つながりの友達も多く、あなたに語ってくれる話も興味深く聞こえます。

付き合ってる間は彼一人の時間も大切にしてもらうために、趣味を尊重しますよね。
しかし、結婚後にはその趣味へつぎ込む時間とお金が問題になってきます。

付き合ってる間に趣味にかかるお金や時間はどのくらいか、大事な時は趣味よりも自分や家族を優先してくれるかを確認してください。

もちろん趣味を奪うのはいけません。
しかし、節度を持って趣味を続けられるか を結婚前に知っておく必要があります。

●(3)お金を躊躇いなく使う男

『付き合ってるときは、気前のいいところもかっこいいなぁと思ってたけど、結婚してみるとお金使いすぎて怖くなる。結婚するならケチな男の人のほうがいいかも』(33歳/教師)

付き合ってる間は食事をよくおごってくれたり、金払いがいいところを見て結婚を決意したとします。
しかし結婚をした後は、お金は二人のものです。

自分は家庭の将来を考えて毎日の生活をやりくりしたり、貯金をしたり頑張っている一方で、彼が独身時代のように飲みに行くたびにおごっていたり、高額な商品をぽんぽん勝手に買ってこられると腹が立ちますよね。

しかし、頭ごなしに怒るのはいけません。
「この先の二人にはこれだけのお金が必要で、協力して頑張って貯めていきたい」としっかりと理由を話し現実を見てもらうことが大切です。

明確に先のビジョンを持たせることが、彼のが自分の行いを見直してくれるいいきっかけになります。

●(4)遊べる友達が少ない男

『同性の友達がいないと、なんとなく心配になりますね。昔、何かあったのかな?って思います』(27歳/アパレル)

デートをしている時には自分が望む時にはいつも一緒にいてくれて、とても楽しい時間を過ごすことができる男性がいます。
それは自分を何よりも優先してくれているか、他に一緒に過ごす人がいないかのどちらかでしょう。

これまでの人生何十年と過ごし、何百人の人と関わってきた中で一緒に遊べる友達が少ないということは、他の人と楽しみや悲しみなどの思い出を共有し、これからも一緒に関わっていきたいと思った人が少ないということになります。

もしくは、友達だと思っている人がいたとしても連絡が取れなくなった場合は、彼に何かしらの欠点があり周りの人が離れていってしまったという場合もあります。
実は彼は、自分中心的な性格か、人の気持ちを考えることができない人、或いは長い時間一緒にいると疲れるタイプである可能性もあります。

そのことを結婚後に知りショックを受けるよりも、結婚の前に彼の友人も交えて遊んでおき彼の友人関係を知っておくことが大切になります。

●(5)お母さん大好きなマザコン男

『なんでもかんでも母親の意見を優先してくる。私と決断してくれないし、自分の頭で考えられないのもすごく頼りない。結局離婚しました』(29歳/PRプランナー)

一見家族を大切にして見えるように見えるのがこのタイプ。
もちろんお母さんを大切にすることはとても大切ですが、大切にすることと言いなりになることは全く違います。

会話の中に母を匂わせるフレーズが出てこないか、二人で物事を決断する時に、彼自身の言葉を使って話し合ってくれているか、お母さんから言われたことをそのまま伝えているだけなのかを注意深く観察しておく必要があります。

結婚した後に気づいてしまったのならば、もうおしまいです。
あなたの家庭はあなたたち2人のものではなく、義母さん好みのものになっていきます。

母親の言いなりになる男性には、母親を大切にすることと言いなりになることは違うとよく言い聞かせてください。

----------

この人と結婚する!と決めたのなら、後はあなたの努力次第。
これから幸せな結婚生活を送るためにも、欠点が霞むくらいの彼の長所を見つけましょう。
また、お互いがストレスを感じない上手な方法を探すことも大切です。

応援しています!

(文/恋愛jp編集部)