「出会いがない」は言い訳!? 社会人が効率的に出会いを増やす方法

写真拡大

学生のころはいくらでも異性との出会いがあったのに、社会人になった途端、出会いの機会が減ったと感じる人も多いのではないでしょうか。しかし出会いがないことを言い訳にしていると、いつまで経っても恋人は見つけられませんよね。今回は、「社会人が効率的に出会いを増やす方法」をご紹介します。

■「出会いがない」と思う社会人女性は68.7%!

Q.社会人になってから、出会いがないと思うことがありますか?

はい……68.7%
いいえ……31.3%

社会人になってから出会いがないと感じたことがある女性は、およそ7割近くいるようですね。それでは「出会いがない」と思う女性には、どのような共通点があるのでしょうか?

■「出会いがない」と嘆く女性の共通点

自分から出会いを求めないと、新しい出会いは見つけられないもの。働く女性たちに、いつも「出会いがない」と嘆いてばかりの女性の共通点について、考えてもらいました。

◇理想が高い

・「理想が高い。実際に悪くない男性がまわりにいたとしても、自分のタイプではないと興味を持たないんだと思う」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「理想が高すぎて、なかなか妥協できないのではないかと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

理想が高すぎると、男性に出会ったとしても、恋愛対象として見られないことが多いのかも。条件で相手を選んでばかりいると、出会いのチャンスを逃してしまうこともありそうですね。

◇仕事が忙しい

・「仕事が忙しく、新しい出会いがありそうな環境ではない」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事が忙しすぎて、休日などは自宅にこもる以外手段がないのだと思います」(23歳/その他/販売職・サービス系)

仕事が忙しすぎると、恋愛にまで余裕を持てないこともあるでしょう。出会いのチャンスを逃してしまうと、次のチャンスがいつ巡ってくるかわかりませんよね。

◇自分から出会いの場に行かない

・「出会いの場に行かず、忙しさを優先して恋愛をあと回しにしたため」(29歳/食品・飲料/技術職)

・「出会いのある場所に出向かない。まわりの男性を恋愛対象に見ていない」(27歳/建設・土木/技術職)

仕事で疲れていると、自分から出会いを求めるのも億劫になってしまうもの。しかし積極的に出会いの場に出かけることで、出会いのチャンスをつかむことができるのでは。

出会いがないと思っている人ほど、同じような日々の繰り返しから抜け出せない場合が多そうです。行動パターンを変えるなど、自分から殻を破ることが必要かもしれませんね。具体的に、どうやって出会いを増やせばいいのでしょうか?

■専門家に聞いてみた! 社会人が効率的に出会いを増やす方法

社会人になって仕事に取られる時間が多いと、なかなか出会いを増やすのも難しいもの。効率的に出会いを増やす方法について、男女の心理にくわしい心理コーディネーターの織田隼人さんに聞いてみました。

◇合コンチームを作る

女性同士で「合コンチーム」を作ってしまうと、合コンがしやすくなります。みんなで合コンをどんどん開催するように心がけましょう。また幹事役は面倒だと思われることが多いので、自分で引き受けてしまうのも手です。幹事役は、相手側の幹事と連絡を取り合ったりするので、みんなの連絡先をいち早くゲットできたり、幹事同士で仲が深まって付き合ったりすることもあるので、実は一番いいポジションだったりします。

◇ビジネス系のスクールに通う

ビジネス英会話や、行政書士・司法書士などの法務、情報処理やプログラミングなど、男性が多いビジネス系のスクールに通うのもおすすめです。ビジネス系のスクールには、自腹で勉強したいと考えている「良質な男性」がたくさんいます。また、独身のほうが学費を捻出しやすいので、独身男性も多いです。ただ、全般的に難しい分野が多いので、「本気で勉強したい」と思っている分野に手を出しましょう。もちろん、しっかり勉強して資格を取ったりスキルを身につけたりすることで、自分の魅力や収入アップにもつながります。

◇男性が好きな趣味をはじめる

ゴルフやバイク、釣り、フットサルなど、男性が好きな趣味をはじめると出会いが増えます。その中でも少しお金がかかる趣味だと、「お金を持っている男性」と出会える可能性もアップするのでおすすめです。たとえば、バイクなどはツーリング仲間ができますし、女性がそもそも少ないので、その輪の中に入るだけでみんながやさしく接してくれます。初心者でも、男性にやさしく教えてもらうことで、案外なんとかなります。

◇アニメやゲームなど、趣味のオフ会に参加する

アニメやゲーム、鉄道などが好きな場合は、「オフ会」があったりするのでこちらもおすすめです。そのような趣味の人たちが集まるネットコミュニティに入って、そこで仲よくなった人たちと会うことで、会話も弾みます。もちろん知識量や愛情はたくさん必要ですが、その分会話も盛り上がりますし、共通の話題があるのですぐに仲よくなることができます。

出会いを増やすためには、まずは行動あるのみ。織田隼人さんのアドバイスを参考に、実践してみましょう!

■まとめ

「社会人は出会いがない」と思っているのは、もしかすると自分だけの思い込みかもしれません。出会いがある人ほど、仕事帰りや休日など、積極的に行動範囲を広げているもの。今回の記事を参考にして、出会いのチャンスをつかんでくださいね。

(監修:織田隼人、文:ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月6日〜4月7日
調査人数:310人(22〜34歳の女性)