放送通信審議委員会、ドラマ「自己発光オフィス」の飛び降りシーンに“意見提示”

写真拡大

放送通信審議委員会がMBC水木ドラマ「自己発光オフィス」(脚本:チョン・フェヒョン、演出:チョン・ジイン、パク・サンフン) に意見提示の決定を下した。

「自己発光オフィス」は本日(12日)、ソウル陽川(ヤンチョン) 区木洞(モクトン) の放送会館大会議室で開かれた2017年第11回放送通信審議委員会の放送審議小委員会会議で、放送審議規定第38-2条(自殺描写) 第1項に違反した理由で、案件として提出された。

問題になったシーンは、韓国で3月15日に放送された第1話のシーンで、劇中で自身の境遇を悲観していた就活生ウン・ホウォン(コ・アソン) が漢江(ハンガン) に飛び降りるシーンだ。中央自殺予防センターからは、自殺するシーンが細かく描かれ、生命軽視を助長するという指摘があったという。

委員会側は、エピソード式に描かれたことを考慮し、この日意見提示ということで結論を出した。

放送開始「自己発光オフィス」INFINITE ホヤ&イ・ドンフィ&コ・アソン、3人の出会いとは?