Ledapple出身ハンビョル、ニューシングル「何のLOVE」でカムバック…23日に音源公開

写真拡大

実力派ボーカリストのハンビョルが新曲「何のLOVE」でファンのもとにやって来る。

所属事務所THE GROOVE ENTERTAINMENTとM.Bridge によると、ハンビョルは23日正午、韓国の各種オンライン音楽サイトでニューシングル「何のLOVE」を発表する。先月、デビューシングル「It's Spring」で春の風をたくさん吹いてきたハンビョルが、音楽ファンたちの愛に支えられ、新曲を持って戻ってくる。

「何のLOVE」は「It's Spring」を作曲し、VOS、キム・ボムス、キム・テウ(god)、ホン・ジニョン、AFTERSCHOOL、SONAMOO、SPICAのボヒョンの歌手たちと作業した、シム・テヒョンプロデューサーとの2度目の作業という点にも注目だ。ここに、愛に命を懸けないという直接的な歌詞を作詞したノ・ミンヒョクと、優れたリズム感とセクシーボイスの所有者ハンビョルのボイスが合わさり、ダイナミックで魅力的な曲が完成した。

ハンビョルの新曲「何のLOVE」は、甘いボイスで春の風をいっぱい収めた「It's Spring」とは反対に、クールなボーカルとバンドサウンドを感じることができる曲だ。先立って公開された「It's Spring」のミュージックビデオが視聴回数15万回を記録し、多くの愛を受けただけに格別な期待が集まる。

ハンビョルの新曲「何のLOVE」は23日正午、韓国の各種音源サイトを通じて公開される予定である。