少女時代 ソヒョン&チ・ヒョヌ主演ドラマ「泥棒野郎、泥棒様」、子役キャスティングが決定…高いシンクロ率に“期待”

写真拡大

「泥棒野郎、泥棒様」のチ・ヒョヌと少女時代のソヒョンの子役たちが公開された。

MBC新週末ドラマ「泥棒野郎、泥棒様」(脚本:ソン・ヨンモク、チャ・イヨン、演出:オ・ギョンフン) は本日(12日) May Queen Picturesの公式SNSに、チ・ヒョヌとソヒョンの幼少期を引き受けた子役の写真を掲載した。

公開された写真では、それぞれチャン・ドルモク役とカン・ソジュ役を引き受けたチ・ヒョヌとソヒョンのキャラクターの成長過程が順番に収められた。

チャン・ドルモクとカン・ソジュの4歳の演技は、ホ・ジュヌとキム・アインが引き受け、6年後に成長した姿は、キム・カンフンとムン・ソヒが演技する予定だ。

チ・ヒョヌ、ソヒョンとそっくりな子役の、キュートなルックスとまん丸い瞳、清らかなイメージが視線を奪う。特に子役と俳優の間で高いシンクロ率を見せており、期待が寄せられる。

制作会社の関係者は「ドラマのストーリー上、子役の活躍が重要な作品で、制作初期から適切な子役を見つけるのに精誠を尽くした。3ヶ月間、数回のオーディションを行い子役キャスティングに慎重を期した」と伝えた。

子役たちは、撮影現場で表現しなければならない感情を、力強い演技力と期待以上の集中力で披露したという。見る人まで涙を流させる子役たちの演技は、視聴者の没頭度を高めるのに大きな役割をするものだと注目される。

「泥棒野郎、泥棒様」は、大韓民国を隠密に歪曲させ、取り仕切る少数の既得権勢力に向けた、痛快な打撃を与える愉快な泥棒の話を描く予定だ。チ・ヒョヌ、ソヒョン、キム・ジフン、イム・ジュウンをはじめアン・ギルガン、チェ・ジョンファンが主演で出演する。「お父様、私がお世話します」の後番組で、5月13日に韓国で初放送される。