みんなどんだけ「ワニワニパニック」好きなの! いや、私も大好き♪ 生みの親は「ナムコ」でした

写真拡大

ゲームセンターやデパート屋上に置いてある、モグラたたきのワニバージョン「ワニワニパニック」をご存知でしょうか? その製造にかかわった企業の特別清算開始決定というニュースが、いま話題になっています。

「ワニワニパニック」、懐かしいなぁ。子供の頃よく遊んだっけ。たしか5匹のワニが次々出てきて、一定のラインを超えると減点されたり難易度が上がったり、モグラたたきによく似てはいるけれど決して単純なゲームではなかったような……。勢い余って素手で叩いている子も、よく見かけた!

もうウン十年プレイしていないけれど、この報道をきっかけに、久しぶりに遊びたくなっちゃいました。

【生みの親は実はナムコ】

Twitter には悲しみの声があふれておりまして、「ワニワニパニックの会社なくなったらもう遊べないのかなー」「ショック」といった声が寄せられています。

ところで今回のニュースをうけて、このたび清算されるKHP(旧社名ホープ)が「ワニワニパニックを生み出した会社」のような流れになっていますが、実は違いました。

初代ワニワニパニックが登場したのは1988年。KHPが製造、販売したのは2007年に登場した「ワニワニパニック3」のみで、「ワニワニパニック」シリーズの生みの親はナムコ、今のバンダイナムコエンターテインメントです。

ただ、バンダイナムコエンターテインメントの「ワニワニパニック」シリーズについても、在庫がなくなり次第、修理や部品販売を終了する場合があると、2015年にすでに発表されていました。

このまま無くなっていくんでしょうか、「ワニワニパニック」……。

【みんなどんだけ「ワニワニパニック」好きなの】

それにしても……今回多くの皆さんが「ワニワニパニックなくなっちゃうの!?」と大パニックになっていて、「ワニワニパニック」がいかに愛されているのかということがよ〜くわかりました。いや、わたしも大好きだけども。

子供から大人まで無理なく楽しめる単純さ、でもそう簡単には攻略させない難しさ。両方を兼ね備えている「ワニワニパニック」は、今でもわたしの心のゲーセンゲーム機ナンバーワンでっす!

参照元:東京商工リサーチ、Twitter 検索「ワニワニパニック」、ナムコワンダーランド、アミューズメントジャーナル、バンダイナムコエンターテインメント(PDF)
執筆=田端あんじ(c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む