富士急ハイランド「フジQソンクラーン祭り」

写真拡大

2017年は日本とタイ王国が外交関係を開始して130周年を迎える。記念すべき年を祝うべく、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)は4月15日・16日の2日間、期間限定イベント「フジQソンクラーン祭り」を開催する。

華やかに彩られた園内ステージ前エリアでタイフードを販売するほか、ソンクラーンの代名詞ともいうべき水掛け祭りを模したゲーム、伝統的なタイ舞踊の披露など、企画盛りだくさんのイベントだ。

タイ料理を食べて元気になろう

4月12日現在の天気予報によれば、「フジQソンクラーン祭り」期間中の山梨県河口湖地方は、両日とも最高気温が20度を超える模様。4月上旬は寒い日が続いただけに、気温以上に暑く感じる人もいるのでは。そんなときこそ、南国タイの料理で元気になりたいもの。

今回の祭りで販売されるメニューを紹介しよう。「パッタイ」(800円)は米粉でできた中太のビーフン(ライスヌードル)を用いたタイの焼きそばだ。

「ガパオライス」(1000円)は辛子の辛味と鶏肉のジューシーさがマッチした定番料理。

「パクチー味噌ラーメン」(800円)は、タイ料理によく使われるハーブ「パクチー」と日本の伝統食品である味噌、そして中国がルーツのラーメンが融合した料理。

いったいどんな味がするのやら――。これはもう食べてみるしかない。

富士急のヒーロー風キャラに水をぶっかけて遊ぼう

ソンクラーンとはタイにおける旧正月のことで、旧暦の新年に当たる。1年で最も気温の高い暑期でもあることから、現地のタイ人は水を掛け合って旧正月をお祝いする。

「フジQソンクラーン祭り」でも水掛け遊びを用意している。もっとも入園者同士が水を掛け合うのではなく、約60秒で簡単に100個の水風船が作れる「バンチオ バルーン」を、絶叫戦隊ハイランダーに向かって投げる、「ソンクラーン的あてゲーム」として行われる。

ヒーロー風キャラクターに水をぶっ掛けるなんてめったにない体験だ。しかも見事当たった人にタイ王国にちなんだグッズや富士急ランドグッズがプレゼントされる。ゲーム開始時刻は12時30分と14時30分の2回で、参加費は無料。

タイの文化と伝統に親しむ企画もある。タイ王国ブースではかの国の文化やソンクラーンの由来などが学べるパネルが設置される。

園内特設ステージ前では、宝石をちりばめたような絢爛豪華な衣装をまとったタイの舞踊家が伝統舞踊を披露する。指先の芸術とも呼ばれるタイ舞踊。上肢や肘、手首、指先がしなびやかに動き、その優美さは見る者を魅了する。東南アジアで最もきらびやかと評される衣装も必見だ。12時と14時にスタート。