日常でのドアを開けなどは勘違いしたエスコート

さりげないエスコートに気づいたとき、ドキッとしてしまう女性は多いもの。デート中スマートにエスコートの出来る気遣い男子は間違いなくモテる! けど僕なんかが「エスコートなんて恥ずかしいし、照れくさいよ」って敬遠してしまうあなた。そんなあなたでも今日はスムースに出来るエスコート(気遣い)術をお教えします。

まず多くの女性はいくつになってもお姫様願望を抱いていて、「大事にされたい、大切にされたい」という気持ちがあります。それはチヤホヤされたい! という願望ではなく大切に扱ってもらえると嬉しいな、気遣ってもらえて嬉しいな、という感覚が心地いいのです。

ということは、よく恋愛モテ本などに書いてあるような助手席のドアを開けてあげる。なんていうエスコートをしなくてもいいのです! 正直この助手席のドアを開けてあげるっていう行為が苦手な女性も多数。

「この時代にそこまでするの?」とか、日常的にやってもいないのに「これをやればモテるんじゃない!?」っという思惑がダサく見えてしまったり……。この行為をすることが男性にとって恥ずかしいのと同じくらいじつは女性も恥ずかしく感じることがあるのです。

じゃあどういうことをすればいいのか? 今日はクルマデートにおけるさりげない気配り術をご紹介します。

―性がクルマに乗る前までに車内を適温にしておく

夏場のムわっとした車内を不快に感じたことがある方は多いですよね。これを感じさせないよう事前に車内温度を設定しておくとGOODです。冬は上着を脱いで丁度いいくらいの温度や、夏場はムわっとした車内をスッキリとした快適空間に設定したいですね!

飲み物の準備

彼女をピックアップする前に、お水やお茶、コーヒーなど準備しておきます。彼女をピックアップしたあとに用意しておいた飲み物を差し出し「どれか好きなの飲んでいいよ」とひと言。ドライブデートの際にこういう気配りが出来る男性は好印象間違いなし!

自宅まで送るのはいいが女性の真意を見抜くことが大切!

ドライブ中に「寒い?暑い?」など時折聞いてあげる

「寒いから温度上げてほしい」とか、「暑いから温度下げてほしい」っていうのを伝えづらいときがあります。運転してもらっていることに気を遣って我慢したりする女性もいます。そういうときにドライバー自らが「寒い?暑い?」など車内温度が丁度いいか聞いてくれると助かります。※聞きすぎるとウザったく感じるので時折ですよ! たまにじゃないと鬱陶しく思われるので注意です。

っ鷦屬虜櫃暴手席側を広く停めてくれる

降りるときに助手席側を広く停めてくれると乗り降りしやすくて嬉しいです。狭い駐車場だとなおさらGOOD! 降りやすいように停めてくれたんだなっていうのがわかったとき、キュンとすること間違いなし。

ゲ箸料阿泙覗ってくれる

「遅くなったから自宅や自宅近くまで送るよ」と言われると嬉しいです。しかもそれが彼の家と反対方向だとするとなおさら嬉しいもの。

けれどその際に彼女が「迷惑だから○○駅まででいいよ」や「じゃあ近くのコンビニまでお願い」って言うとき注意! 彼女は彼を家の前まで連れていきたくない何かしらの理由があるので、無理やり自宅まで送るのはNGです。

もし自分にも出来そうと思うことがあれば是非試してみてください。

けどね、エスコートや気遣いをする上で忘れてはいけないことが! それは、「僕はこんなにしてやったんだから」などという見返りを求める行為。それはNG!

さりげないエスコートや気遣いに気づいたときにときめくことはありますが、独りよがりのやってやったぞ感のあるエスコートに気づいたときはドン引きすることが……。なのでみなさんくれぐれも自己中心的なオラオラエスコートはやめてくださいね!