PUFFY、アメリカの観客を前に堂々のパフォーマンス

写真拡大

 PUFFYが、3月31日アメリカ/ボストンで開催されたイベント【Anime Boston 2017】に出演し、アメリカの観客を前にライブパフォーマンスを披露した。

 【Anime Boston】は、2003年より毎年開催され今年で15回目を迎える老舗のアニメイベントで、PUFFYは、海外での活動名「PUFFY AmiYumi」として招待されライブパフォーマンスを行った。約3,000人の観客でいっぱいになったメインホールのステージに登場したPUFFYは、「パフィピポ山」のパフォーマンスでライブをスタートさせ、「Call Me What You Like」「Radio Tokyo」など英詞のオリジナル楽曲を交え、「アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」「愛のしるし」など日本での大ヒット曲を披露、日本語オリジナルのパフォーマンスながら観客を巻き込み、アメリカでPUFFYがテーマ曲を務めたアニメ『ティーン・タイタンズ』のテーマ曲「TEEN TITANS THEME」、PUFFY本人らがアニメキャラクターとなって全世界110ヶ国で放送されたカートゥーンネットワークのアニメ『ハイ! ハイ! パフィー・アミユミ』のテーマ曲「HiHi」で会場は大いに盛り上がり観客の熱気は沸点に達した。亜美、由美の日本のアニメ、ゲームにまつわるフレンドリーなトークも加わり、充実のライブタイムは「これが私の生きる道」で幕を降ろした。

 そしてPUFFYはロサンゼルスへ場所を移しアメリカツアー【Puffy AmiYumi US TOUR 2017 “NOT LAZY”】を4月4日にスタートさせた。PUFFYのアメリカツアーは2007年の【PUFFY TOUR 2007 honeysweeper】以来、通算6回目のアメリカツアーとなり、“NOT LAZY”ツアーは、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ダラスで公演が行われた。

 ロサンゼルスのThe Belasco Theaterには、久しぶりのPUFFY AmiYumiのアメリカツアーを喜ぶ、1,000人を超える現地ファンが集まり、アメリカツアー初日公演がスタート。ステージに登場したPuffy AmiYumiは、新旧、日本語、英語楽曲を織り交ぜ最新形「Puffy AmiYumi」を披露、年齢、性別、幅広い現地のPuffy AmiYumiファンで埋め尽くされたフロアは、大きな盛り上がりをみせた。

 MCにおいては、今までのPUFFYの海外公演らしく、話すべきことがまとめてある英語のメモを堂々と取り出して読み上げるスタイルで、観客とコミュニケーションを図り、近い将来ロサンゼルスでの再会を誓った。その後PUFFYは、4月6日サンフランシスコ、4月9日ダラス公演においても、現地ファンとライブの盛り上がりを共有し、大成功となった【NOT LAZY】ツアーは幕を降ろした。

 今後PUFFYは、5月12日名古屋・ダイアモンドホール、5月13日東京・EX THEATER ROPPONGIにてワンマンライブ【PUFFY LIVE 2017 WHATEVER 21】の開催を予定している。


◎ライブ情報
【PUFFY LIVE 2017 WHATEVER 21】
2017年5月12日(金)OPEN18:00/START19:00
愛知・名古屋ダイアモンドホール
チケット:5,400円(tax in/1Drink代別途)
2017年5月13日(土)OPEN17:00 / START18:00
東京・EX THEATER ROPPONGI
チケット:5,400円(tax in/1Drink代別途)
※3歳以上有料