© 2017 Google Inc.

Googleが、AI(人工知能)を用いたお絵描きツール「AutoDraw」を公開しました。

「AutoDraw」を使って絵を描くと、AIが「何を表現している絵なのか」を瞬時に判断し、プロのデザイナーのような絵に仕上げてくれるんです!

落書きのような絵でも、下手くそな絵でも、なんなら線1本だけでもOK。
どんな絵でもキレイに仕上げてくれますよ。

この記事では、「AutoDraw」の遊び方と、実際に「AutoDraw」で色々な絵を描いて遊んでみた結果をご紹介します!

「AutoDraw」で絵を描くと、たちまちプロ仕様の絵に変身!

さっそく「AutoDraw」にアクセスし、絵を描いてみましょう!

まずは試しに、意外と手描きするのが難しい「星」を適当に描いてみました。すると・・・


画面上部に絵の候補がズラリと並びました!
絵の候補をタップすると、たちまち綺麗な線のイラストに早変わり!!!

シンプルな星から、手描き風の星、立体的な星まで、様々なテイストの星に仕上げられます。


画面左下のアイコンをタップすると、色塗り(Fill)や文字入れ(Type)ができます。
画面右下のアイコンをタップすると、色が変更できますよ。


色を塗ってみました。
所要時間30秒で、やる気のない落書きがたちまちいい感じの「星」に仕上がりました。これはスゴい・・・!

▼ビフォー(左)、アフター(右)▼


「AutoDraw」で色んな絵を描いて遊んでみた

せっかくなので、「AutoDraw」で色んな絵を描いて遊んでみました。

「猫」を描いた結果はこんな感じに。
猫の顔だけでなく全身も絵の候補に入れられているところが地味にスゴい。


「家」を描くと、様々な手書き風の家の絵の候補が並びます。なにこれ、楽しい。


「美少女」を描いてみました。これは誰がなんと言おうと「美少女」です。

線が多いとやはり認識しづらいのか、模様の候補が並びます。
これにはさすがのAIもお手上げか!?


・・・と思ったら、絵の候補を横にスクロールしてみると「女の人のシルエット」がありました!
ここまで見極めてくるなんて・・・もはやちょっと恐ろしい。


線1本や、何も考えず描いたぐちゃぐちゃでも候補を出してくれます。
「絵なんて描けない」という人でも、思いがけない発見を楽しめますね。


超簡単で誰でもすぐにできるので、ぜひ試してみてください!→AutoDraw