議員辞職の意向を表明する安氏=12日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】5月9日に実施される韓国大統領選で、進歩(革新)系の最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補と支持率トップを争っている中道系「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補が12日、記者団に対し、15日の大統領選候補者登録とともに国会議員を辞職する意向を表明した。

 大統領選勝利に向け「背水の陣」を敷く。文氏との事実上の一騎打ちムードが高まる中、支持率上昇に弾みをつけ、逆転を狙う思惑があるとみられる。大統領選に全てをかける姿勢をアピールすることで、他候補との差別化を図るものといえる。
 安氏陣営の関係者は「安候補の支持率が上がっているが、50%以上の得票が目標」と話した。
 安氏は政界入りを決めた2011年当時、自らが創業したセキュリティーソリューション企業「アンラボ」の所有株の半分を社会に還元した。
 文氏は朴槿恵(パク・クネ)氏に惜敗した2012年の大統領選で議員辞職せずに選挙戦を行っており、文氏との違いを際立たせる意図もありそうだ。
kimchiboxs@yna.co.kr