仮設トイレを住宅にリメイク

写真拡大

米カルフォルニア州ロサンゼルスでは、現在、深刻な住宅不足に悩まされおり、住宅ローンや家賃が高騰しています。その支払いが出来なくなった人々が、やむなく車上で暮らすホームレス生活を強いられており、その数はロサンゼルス近郊だけで5万5,000人以上。彼らはきちんと仕事を持っている身であったり、または学生だったりと、特別な存在ではありません。実際、カルフォルニア州立大学システム(UCLAなどの複数校が含まれる)の統計では、10人に1人が実際にホームレスの状態で学生生活を送っている状態だと言います。

そんな住宅不足に対し、同市では今年、1億ドル(約110億円)の予算を投入して、人々が手頃な価格で住宅を得られるように働きかけていますが、その一環として動いている、ある非営利団体のプロジェクトが注目を集めているようです。「Tiny (Toilet) Home Project」と名付けられたこの団体が行っている活動は、イベントなどで使われる簡易(仮設)トイレをリメイクして、少ないスペースながら生活ができるような住宅を作って人々に提供しようというプロジェクトなのです。

使用する簡易トイレは、不要になったものを寄付してもらい、骨組みだけを残して中のスペースをリメイクするというもの。ベッド、テーブル、収納家具、冷蔵庫、ガスバーナーなど、生活に必要なものは最低限揃っています。そしてもうひとつ、普通サイズの簡易トイレをこれまたリメイクして隣に設置し、シャワー室としても兼用できるようにするのだとか。さらにこの住宅ユニットはトレーラーの荷台に載せて移動できるようにして、荷台にはベランダと屋根(※太陽電池が取り付けられて、電源をここから得る)も完備。トレーラーハウスのように移動が可能で、住宅を設置する場所で必要なのは水道の確保だけです。

このプロジェクトの代表を務めるヴァインさんによると、簡易トイレ住宅の費用は1つのユニットで2万ドル(約223万円)ほどに抑えられる予定で、先日からプロトタイプ作成のための寄付金を募り始めました。果たして、この簡易トイレ住宅、ホームレスの救いとなるでしょうか。今後に注目したいですね。