AbamaTVが見逃しと録画の「Abemaビデオ」開始! 既存の放送メディア超えのカギはテレ朝?

写真拡大 (全6枚)

サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で手がけるインターネットテレビ局「AbemaTV」が、2016年4月11日の開局から1周年を迎えました。

3月の時点でアプリのダウンロード数は1500万を突破、開局からこれまでに放送した番組数は累計で17万を超えています。

「AbemaTV」は、24時間 最新のニュースや緊急生中継するニュース番組「AbemaNewsチャンネル」をはじめ、
・地上波では放送が難しい尖った企画のバラエティ
・人気アーティストの音楽ライブの生中継
・海外サッカーや格闘技などのスポーツ中継
・中高年に人気の麻雀や将棋、釣り番組
など、約30チャンネルの番組が放送されています。

ネット配信ならではの多彩な番組を提供により、10代〜20代の若年層から中高年に至るまで幅広いユーザーを獲得しています。

そんな「AbemaTV」が4月6日、新たにスタートしたのが、見逃し配信サービス「Abemaビデオ」です。

今回スタートした「Abemaビデオ」は、以前からユーザーからの要望として多かった「見逃した番組が観たい、録画機能が欲しい」という声に応えた待望のサービスといえます。

では、さっそく「Abemaビデオ」により、AbemaTVは、どうかわったのか、チェックしてみましょう。

■アニメから麻雀まで見たい番組が探しやすいトップページ
「AbemaTV」のメニューから「ビデオ」を選択すると、「Abemaビデオ」のトップページが開きます。




トップページでは、「Abemaビデオ」で見られるオススメの番組がジャンルごとに表示されており、画面上から
・無料で見られる番組
・プレミアムプランのオススメ番組
・アニメ
・ドラマ
・韓流・華流
・リアリティーショー
・バラエティ
・ドキュメンタリー
・格闘
・麻雀
・ゴルフ
・ヨコノリ
・釣り
・サッカー
・趣味
という順番で番組のサムネイルが表示されています。




アニメやドラマといった人気番組から麻雀や釣りといった「AbemaTV」ならではコンテンツまで豊富な番組を、縦スクロールでスイスイ探すことができます。

このほか、画面上部の検索ボタンから、番組名を検索して探すこともできるようになっています。従来は番組表からしかコンテンツを探せなかった操作性が改善されています。

■お試し視聴にピッタリ!ボタン1つで無料番組だけを表示
「Abemaビデオ」には、無料で視聴できる番組も用意されています。

無料の番組はサムネイルの左下に赤ラベルで「無料」または「一部無料」とわかりやすく表記されています。




また、各ジャンルのトップページを開くと上部に「無料のみ表示」というチェックボタンがあり、これにチェックを入れると、各ジャンルのなかから無料視聴できる番組のみを表示。

簡単に無料コンテンツを探せるのはもちろん、プレミアムサービス加入前にお試しで番組を見てみたいときに便利です。




■アプリを閉じても大丈夫!見ていた番組は続きから見られる
「Abemaビデオ」では、見ていた番組の「続きから再生」にも対応しています。

今ではYouTubeにも採用されている機能なので、当たり前と言えば当たり前ですが、急な外出や電話、SNS、メールなどの応対で中断しても、安心なのは、嬉しいですね、

ただ、残念なのが、シリーズ作品の連続再生は未対応なことです。
1話見終わるたびにいったん画面を閉じて、次に見る番組を選択しなければならなので、シリーズ作品をイッキ見したいときには少々面倒です。

ライバルとなるオンデマンド型の見放題サービスであるAmazonプライム・ビデオやNetflixはシリーズの連続再生にも対応していますので、早急に対応して欲しいところです。



5.jpg

■テレ朝の人気番組が見られれば最高の見放題サービスに?
「AbemaTV」は、インターネットテレビ局として、見逃し放送にも対応したわけですが、今後さらに「AbemaTV」が成功するためには、さらなるコンテンツの充実が不可欠です。

そのためには、共同で事業を手がけるテレビ朝日との連携がカギとなるのだと思われます。

4月10日に発表された「AbemaTV」でのテレビ朝日「報道ステーション」の放送決定は、そうした強化の第一歩とみてもよいでしょう。

テレビ朝日は、このほかにも、
・警視庁捜査一課9係や相棒などの人気ドラマ
・しくじり先生やアメトーーク!といった人気バラエティ
・ミュージックステーションといった音楽番組
など、人気番組を多数制作、保有しています。

「AbemaTV」オリジナルの魅力的な番組だけでなく、テレビ朝日の人気番組をネットでも配信することができれば、「AbemaTV」はインターネットテレビ局として、既存の放送局と対抗、超える存在となる可能性もでてくるかもしれません。


磯崎 新