フォステクスの小型スピーカー「GX100BJ」 “Made in Tokyo”にバージョンアップ

写真拡大

 音響機器のフォステクスカンパニーは、小型スピーカー・シリーズの最新版として、GX100BJを4月中旬に発売する。国内生産へ切り替えた新世代という位置づけで、価格は6万9,000円(1台・税別)。

 スピーカーユニットは、独自の高度な技術で作られる純マグネシウムのリッジドーム振動板トゥイーター(高音域)と、低音域用も表面が複雑なHR形状をした独自のアルミ合金ウーファーを使っている。そして、これを収めるエンクロージャー(キャビネット)は、国内生産による積層合板の作り。各部に応じて部材の厚みを変えるなどして、振動に強く、響きの美しくなるように最適化している。サイズ・重量は幅160×高さ262×奥行231.5mm・5.4kg。