「PowerDVD 17 Ultra」はVRにも対応

写真拡大

 台湾のサイバーリンクは4月11日に、Blu-rayディスク(BD)やDVDといった映像メディア、動画ファイル、音楽ファイルなど、さまざまな形式のデジタルメディア再生に対応した動画再生ソフトの最新版「PowerDVD 17シリーズ」のダウンロード版を発売した。パッケージ版は4月14日の発売。

 「PowerDVD」シリーズは、家電量販店やPC専門店、PCショップの実売データを集計する「BCNランキング」によると、10年連続で動画再生ソフトの年間販売台数シェアNo.1を獲得している。

 最上位版の「PowerDVD 17 Ultra」は、Blu-ray Disc Association(BDA)から世界ではじめて「Ultra HD Blu-rayディスク認定」を受けており、Ultra HD Blu-rayの再生に対応した。また、HDR再生に対応するとともに、HDR非対応の映像をHDRに変換しながら再生できる「TrueTheater HDR」機能を備えている。

 さらに、VRヘッドセットとコントローラー(HTC ViveとOculus Riftに対応)を使った操作および映像の視聴が可能で、ヘッドセットの映像をPCのディスプレイにも表示する「ミラーモード」も用意する。

 「PowerDVD 17 Ultra」「PowerDVD 17 Pro」で従来より対応していたYouTube再生機能では、新たに4K、フルHD、360°3D動画を再生できるようになり、「ピン留め」機能によってインターネットに接続していない状態での動画鑑賞を可能にしている。「PowerDVD 17 Ultra」では、ハードウェアアクセラレーションを用いたUHD HEVC(8ビット/10ビット)のデコードに対応したほか、YouTubeの4K動画もよりスムーズに再生できる。

 ダウンロード版の税別価格は、「PowerDVD 17 Ultra」が1万926円、「PowerDVD 17 Ultra アップグレード版」が9074円、「PowerDVD 17 Pro」が8796円、「PowerDVD 17 Proアップグレード版」が6250円、「PowerDVD 17 Standard」が4444円。

 パッケージ版の税別価格は、「PowerDVD 17 Ultra」が1万2000円、「PowerDVD 17 Ultra 乗換え・アップグレード版」が1万円、「PowerDVD 17 Ultra アカデミック版」が8500円、「PowerDVD 17 Pro」が9240円、「PowerDVD 17 Pro 乗換え・アップグレード版」が6750円、「PowerDVD 17 Standard」が4750円。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。