写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の観月ありさが12日、東京・台場のフジテレビ本社で行われた同局系主演ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(23日スタート、毎週日曜21:00〜21:54 ※初回15分拡大)の制作発表会見に登場。撮影で高嶋政宏に足をしがみつかれ、「蹴り倒しました」と男前エピソードを明かした。

この会見で、高嶋はなぜかアクセル全開となっており、"ドM男"を演じるKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔に「まずは紙パンツを履かないと」「今回まだバラ鞭持ってきてないからね」、さらには「現場でついつい『普段SMショーパブに行くんですけど』って言っちゃう」と下ネタ発言を連発。

会場の一般の観覧客はドン引きで、藤ヶ谷から「先輩この空気どうしてくれるんですか!」とツッコまれ、質問の順番がいつも高嶋の次となってしまった新川優愛は「ここ本当に話しづらい…」、上川隆也は「高嶋さんにごまかされそうですが、非常に真面目なミステリードラマなので、本質を見失わないように」と確認していた。

そんな中、高嶋は「子供が結構出演するんですけど、観月さんの後ろに逃げ隠れる演技があまりにもうますぎて、思わずその子供の生霊がとり憑いて、僕まで観月さんの太ももにしがみついてしまいました」と、確信犯と思われるアクシデントを報告。観月も思い出して、「そうなんですよ! ちょっと蹴り倒しましたけどね!」と撃退したことを明かした。

このドラマは同名のウェブ小説が原作で、観月演じる"ドS"標本士(=動物や岩石などを標本化する人)の九条櫻子が、法医学・自然人類学の豊富な知識に加え、観察眼・洞察力・想像力を駆使して難事件を次々に解決していく姿を描くもの。藤ヶ谷は、櫻子に振り回される博物館の技術補佐員。高嶋は、正義感の強い刑事。新川は博物館の学芸員補。上川は主任学芸員役で出演する。

冒頭で「真央ちゃん引退会見の後に皆さん足を運んでいただきありがとうございます」と、26年連続30回目の連ドラ主演を思わせるあいさつをした観月は「決して高嶋さんが言ってるような変態ドラマではございません」と強調しながら、「日曜日の夜が楽しみだなって思ってもらえる作品になったらと思っています」と意気込みを語った。