【パンのフェス】14万人が集結!最も注目を集めた絶品パンは?パンマニア実食レポ

写真拡大

3月3日〜5日の3日間、横浜赤レンガ倉庫で開催された「パンのフェス2017」。

【ドミニクアンセルベーカリー】パンマニア厳選!ベスト3&激カワスイーツ実食レポ

3日間での来場者数約14万500人、パンの種類は1,000種類、パン総数が21万個というのだから、まさにパン好きによるパン好きのためのパンの祭典。何より嬉しいのは、そんなパンの祭典が横浜で開催されたということ。

私、パンマニア片山、横浜在住ということもあり、さらにさらに神奈川をパンで盛り上げたいと思っているので、いつも以上に鼻息あらくイベント会場へ向かいました。

去年に引き続き、2回目の開催であるパンのフェス。今年からパン屋さんエリアのみ有料(11時〜14時30分・300円)先行入場のシステムを導入されたので、お目当てのパン屋さんがある方は一足お先に入場でき、のんびり色々なパン屋さんをまわりたい方は15時から無料で入場できるようになった様子。

いやー、それでも、桜木町の駅から向かう道すがらパンの袋を持っている人! 人! 人! にすれ違い、会場に到着する前から熱気を凄い感じておりました。

ちなみに、一番行列ができたパン屋さんは3日間ともペニーレインで、最長3時間待ち(驚)、行列約800人。一番売れたブルーベリーブレッドは3日間で約2,000個だったそう。私自身、ペニーレインもブルーベリーブレッドも大好きなので、その愛をここに書き連ねたいところですが、それは去年レポートした記事を読んで頂くとして。

実は、私、今年は大事なお役目がありパンのフェスに行ってきたのです。3月5日(日)の14時から開催された「パンラバーコンテスト」の審査員のひとりとして参加、そして優勝者にさらにパン愛を深めてもらうべくパンフェスを一緒に巡ってきました。

ん? パンラバーコンテスト? それは何? とお思いですよね(笑)。パンラバーコンテストとは、パンを愛してやまないパン好きに贈る「パンラバー」の称号をかけて表現を競うコンテストです。

男子部門はイケメン素顔アプリ「LOVEMEN」、女子部門は動画コンテストサイト「MoDeCo」にて予選を開催し、各上位5名がパンのフェスのステージで決勝を繰り広げるというもの。

優勝したのは、男性部門は菅井義久(すがいあきひさ)さん。甘党男子コンテスト準グランプリも獲得しているという菅井さん。パンへの愛を手紙にしたためたパフォーマンスは審査員の心をわしづかみにし、満点を獲得。

女性部門は秋野はるか(あきのはるか)さん。たくさんパンへの愛をアピールしてくれたと思うのですが、途中から秋野さんがパンの妖精になり、そのインパクトが強すぎてどんな内容だったか忘れてしまいました(笑)。パンとは関係ありませんが、美脚だなーと思いながら審査していたのは内緒です。

そんなおふたりに、パンのフェスに出店した中でも特にオススメのパン屋さんを紹介してきましたよ。

週末の自分へのご褒美パンにおすすめ!

まずは、「ブレドール葉山」へ。こちらは、「NIKKEI プラス1」の高級食パンランキングで堂々の全国1位を獲得した「エシレ角食パン」が有名なベーカリー。実は私、この「NIKKEI PLUS1」の識者として選考に携わったので他のパンより思い入れが強いのです。

エシレ角食パンは、フランスの高級発酵バターのエシレを使った食パン。私の中でパンの美味しさの基準の一つに「口どけのよさ」があるのですが、こちらの食パンは口どけが良いのはもちろん、芳醇な香りが鼻をくすぐります。

500円と少々お高めでありますが、週末の自分へのご褒美パンとして是非とも食べてもらいたい食パンなのであります。

売り切れ続出! まだあります、おすすめパン

続いて、オススメのお店、「ますや」「メゾンカイザー」「小麦と酵母 満」を彼らに紹介したいとまわったのですが、最終日も大盛況でこれらのお店は完売したということで閉店しておりました。あぁ!!! たくさんのパンを目の前にレクチャーしたかったのですが、残念です。

しかし、こんなこともあろうかと取材前にパンを買っておいたので気を取り直してみんなでパンを食べることに。

「ますや」は十勝では知らない人はいない!というくらい有名なパン屋さん。私も十勝のお店に伺ったことがあるのですが、老若男女に愛されています。

北海道のパン屋さんに行ってみると「北海道産の小麦粉」を使用しているお店が多いのですが、「ますや」はさらにこだわりがあり、100%十勝産小麦なのだそう。

どちらのパンも美味しいのですが、ベビーパンは、昔懐かしい味。柔らかく優しい甘味で舌のうえでとろける感覚。木の実と自家製酵母は、ハードな生地に果実とナッツの甘味が相性抜群なんです。

都内に何店舗もある「メゾンカイザー」は知っている人も多いと思いますが、やはりこちらのクロワッサンは格別!

外側はサクッとしていながらも、バターが何層にもねりこまれている内側はしっとり。かといってしつこすぎない最高のクロワッサン。本場フランスのカイザーと提携していることもあり、クロワッサン以外のパンも本場の味が楽しめるんです。

そして、「小麦と酵母 満」といえば、和総菜のパンが有名。看板商品は豆パンになるのですが、私個人のナンバー1は豚の角煮パン。こちら不動の1位です。

ゴロリとはいった大きな角煮をパンで包み込むように。口の中に入れた時に、角煮の旨みとパンの甘味がジュワリと口の中に広がり、がっつり食事パンを食べている充実感。それ以外にも、ひじきが入ったパンなどもあるので、是非とも紹介したいパン屋さんだったのであります。

それ以外にも、有機ふすまを使った低糖質なふすまパンで有名な「フスボン」、パンを通して知り合った朝倉さんが店頭にたたれていた「モンタボー」などにも立ち寄り、おふたりへのパンレクチャーは終了。

去年もパンのフェスに伺い、パン好きさんたちの熱気に圧倒されつつ興奮していた私ですが、今年はさらにバージョンアップしていてさらに楽しむことが出来ました。この調子でいくと来年はさらに凄いことになるかも?