画像

写真拡大 (全3枚)

 LINEの配信サービス「LINE LIVE」で、Twitter IDによるログインとライブ動画の配信が可能になった。また同社は同サービスにおける配信者属性に関する調査結果も公表。女性の若年層からの人気があることがわかった。

 LINEは、同社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」において、新たにTwitterログイン機能を追加した。

 同社は、LINEで繋がっている「リアルな友だち」とのコミュニケーションだけではなく、「趣味で繋がる友だち」とのコミュニケーションのニーズも高かったことから、今回の機能追加に至った。

 さらに同サービスでライブ動画の配信も可能となるアップデートも行われていた。これにより、今まで1つのLIVEアカウントに対して1つのLIVEチャンネル開設となっていたものが、Twitterでのログインも可能となったことで、配信者や視聴者がより趣味嗜好などに合わせたシーンでの複数チャンネルの使い分けも可能となる。

 また同社は、「LINE LIVE」での配信者のユーザー属性を調べてみたところ、男女比が男性30%、女性70%となっており、女性の配信者の方が圧倒的に多いことがわかった。年齢層でも19歳までの配信者の割合が75.7%と若年層に支持される形となっており、さらにその内女性の割合のみで56.6%を占めており、配信においても10代の女性に特に人気が高いことが明らかとなった。

MarkeZine編集部[著]