写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スリーエフローソンは4月12日、「スリーエフ」「q's mart(キュウズマート)」および「gooz(グーツ)」ブランドで営業している神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県の348店舗(2017年3月末現在)のうち、281店舗を「ローソン・スリーエフ」ブランドへ転換し運営すること等に関する事業統合契約を締結した。

両社は、コンビニエンスストアを取り巻く環境が大きく変化する中で、従来の取り組みに加え、より一層の経営体制強化が必要との認識で一致し、2016年4月13日に資本業務提携を締結。この資本業務提携に基づき、これまで、原材料の共通化や商品等の共同仕入れ等を進めてきた。

また、共同で事業を行う合弁会社「エル・ティーエフ」を新設し、2016年9月から千葉県・埼玉県のスリーエフ90店舗をローソン・スリーエフブランドへ順次転換し運営。このたび、ローソン・スリーエフにおいて、新たな顧客層の獲得などの相乗効果が得られたことから、神奈川県・東京都(一部、千葉含む)でローソン・スリーエフブランド転換を拡大していくという。

○「スリーエフ」ブランドの店舗をすべて閉店へ

2017年6月1日に、スリーエフ、q's martおよびgoozブランドで営業している281店舗をローソン・スリーエフブランドへ転換するための準備会社として「L・TF・PJ(エル・ティーエフ・ピージェー)」を新設。2017年夏より順次、ダブルブランド店舗への転換を進めた後、新設会社とエル・ティーエフの合併、およびスリーエフのコンビニエンスストア事業に関する権利義務の一部をローソンに継承する。

これにより、スリーエフはスリーエフブランドの店舗をすべて閉店し、ローソン・スリーエフブランドの店舗を運営するエル・ティーエフ等の子会社管理事業と、goozの店舗運営事業、オリジナル商品の商品供給事業の3つを軸とした体制へと移行する。